コンパニオンバード情報/コラム集

スポンサーリンク
コンパニオンバード情報/コラム集

インコを病院に連れて行く時に絶対覚えておくべき5つのマナー

健康診断や体調不良、怪我などでインコを病院に連れて行く機会があると思います。 実はインコを病院に連れて行く際、知っておくべきマナーがあり、これらのマナーを守らないと診察や治療面で損をする場合があります。
コンパニオンバード情報/コラム集

インコを退屈させないためには。かまってやれない人に勧めたいコツ。

愛鳥がなんとなくケージの中で退屈そうにしていたり、仕事などで忙しくて放鳥の時間が短くなるのが気になることはありませんか。 退屈な時間が多いインコは活力が薄れ病気への抵抗力が落ちたりするほか、心が充実していないため老化も早くなるとも言われています。
コンパニオンバード情報/コラム集

高齢者がインコをペットで飼う時考えること。飼育放棄を防ぐには。

高齢者社会の日本において、高齢者がペットを飼うという家庭も徐々に増えつつあります。 高齢者がインコをペットとして迎えるとき考えてほしいことをまとめました。 お迎えしてから「こんなはずじゃなかった」とならないように、是非読んでください。
コンパニオンバード情報/コラム集

インコの肥満の対策に飼い主ができること。見直す3つのポイント

飼っているインコが太りすぎ(肥満)と診断されたとき、飼い主はどういった対策ができるのでしょうか。 食事制限や放鳥を増やすなど色々方法がありますが、一番大切なのは飼い主の意識改革なのかもしれません。 今回はインコの肥満の対策に飼い主ができること、見直すべき3つのポイントをお話します。
コンパニオンバード情報/コラム集

インコの放し飼いで生じるデメリットと事故やふん害のリスクについて

「愛鳥をのびのび暮らさせたい」「愛鳥のメタボ防止に常に運動させたい」とインコをケージに入れずに常に放し飼いにしている人いませんか? 確かにインコはのびのび過ごせて運動不足は解消できます。 しかしそれ以上に放し飼いはデメリットがたくさんあります。 今回はインコの放し飼いで生じるデメリットについてお話します。
コンパニオンバード情報/コラム集

インコを外飼いにする(外で飼う)リスク。実は想像以上に危険!

近年のインコに対する考えが観賞用から癒しの対象=コンパニオンバードとして変わってきたことで、インコの飼育環境もかなり様変わりしてきました。 しかし、今でも外飼いとして飼育されているインコをみかけることがあります。 今回は想像以上に危険が多いインコを外飼いにする(外で飼う)リスクについてお話します。
コンパニオンバード情報/コラム集

太りすぎたインコに共通する生活習慣。あなたの愛鳥もチェック!

様々な理由で太りすぎになってしまったインコたち。 太りすぎるのは人間同様インコにとっても良いことは何もありません。 今回は太りすぎたインコに共通する生活習慣についてお話します。 あなたの愛鳥も是非チェックしてみてください。
コンパニオンバード情報/コラム集

ペットホテルでインコに起こる可能性のあるトラブル。預ける前に確認!

旅行や急な長期滞在でインコをどうしても預けなければいけないときに利用するのがペットホテル。 とても便利ですが色々な家庭で飼育されている動物が集まる場なので、トラブルが生じがちな施設でもあります。 今回はペットホテルでインコに起こる可能性のあるトラブルについて紹介します。 利用する予定のある人は確認しておいて下さい。
コンパニオンバード情報/コラム集

インコを長生きさせる秘訣5か条。日頃から気をつけるポイント

「愛鳥にはずっと元気で長生きしてほしい」飼い主であれば誰もが思うことですよね。 実は毎日の生活の中で気をつけるポイントがあり、それらを毎日チェックすることで、愛鳥の寿命を飛躍的に伸ばすことができます。 今回はインコを長生きさせるための秘訣5点を紹介します。 愛鳥に長生きしてほしい、これからインコを飼う人も是非読んでみてくださいね。
コンパニオンバード情報/コラム集

インコが人を傷つけてしまったときに飼い主がするべき対応。

家族に良く慣れた手乗りインコでも知らない人や周囲の急な動きに驚いてくちばしや爪が出てしまうことがあります。 愛鳥が他人を傷つけてしまったとき、飼い主がとるべき対応や支払う治療費などはどのようなものがあるのでしょうか。 あわてず冷静に気持ちを伝えることが非常に重要です。
スポンサーリンク