鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

フクロウなどの猛禽類がペットとして広まる中、鷹をペットにしたいという人も増えてきています。

鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

鷹を飼いたいと思ったときに気になるのが鷹を購入するお値段ではないでしょうか。

今回はペット用に人気の鷹の種類と値段、入手方法についてまとめました。

スポンサーリンク

鷹をペットにするときの値段について

鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

身近なインコと違い、鷹はペットショップにもほとんど出回っていないため、値段がわかりにくいのが現状です。

鷹の値段は入荷数、入荷時期、種類、個体の質によって大きく変動します。

そのため、ショップの問屋に入る入荷リストで判断する必要があります。

次に、ペット用として人気のある種類の鷹を紹介します。あわせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハリスホークの特徴と値段

鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

ハリスホークは和名ではモモアカノスリと呼ばれる中型の鷹で、ペット用の鷹として最もポピュラーな種類です。

飼い主を認識・理解しやすく、性格もおおらかなので初めて鷹を飼う方にもオススメです。

鷹狩としても重用されている種類で、アメリカやヨーロッパを中心とする世界各国で人気があります。

値段は20万~25万円ほどが大体の相場です。

鷹の中でも比較的安価である点も初心者にオススメできるポイントといえます。

オオタカの特徴と値段

鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

鷹狩といえばオオタカの精悍な姿を思い出す人も多いのではないでしょうか。

鋭い目つき、ダイナミックな羽ばたき、圧倒的なスピード、鷹の中でもそのかっこよさは格別です。

性格は少々臆病で神経質、特定の人にしか懐かないこともあり、初心者には扱いが難しい鳥といえます。

値段は40万~50万円で、優秀な個体だと80万円~100万円にもなる場合があります。

ペット用の鷹の入手方法

鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

ペット用の鷹が入手できる場所は猛禽類を扱う専門性の高いペットショップが一番です。

ショップに入店する鷹にも大まかに2つのタイプがあり、法令に基づいて捕獲された野生個体であるWC(ワイルドコート)個体と、人に飼われている鷹を繁殖させて生まれたCB(キャプティブブリード)個体がいます。

初心者にはCB個体のほうが人への抵抗が少ないため、懐きやすく、訓練しやすいでしょう。

猛禽類のお迎えは慎重にしましょう

鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

フクロウやタカといった猛禽類は、ペット用に飼いならされたインコ類と違い、野性味が非常に強いです。

人に懐きにくく、しつけも調教や訓練に近い感覚です。

餌も市販のフードなどではなく、冷凍ヒヨコや冷凍マウスを与えなければいけません。

種類によっては、地元の自治体に飼育の許可が必要な場合があります。

同じ鳥類ですが、インコとは飼育方法が根本的に違う生き物であることを認識しておく必要があるでしょう。

鷹をペットにしたい!値段と種類、入手方法まとめ

  • フクロウカフェが増えて猛禽類の人気が上昇中。
  • 鷹をペットにする場合、特におすすめなのがハリスホークとオオタカ。
  • 鷹は通常のペットショップには入荷しにくく、猛禽類専門店などで購入するのが一般的。
  • 初心者には雛の頃から人に育てられたCB(キャプティブブリード)個体がオススメです。

鷹は種類や入手時期、入荷数によって値段の差が大きく、個体によっては数十万の価格になることもあります。

ハリスホークが安めの鷹ではありますが、それでも20万円はかかります。

そのほかケージなどの飼育環境や毎日の餌代、諸々の飼育用品や万が一の治療費など、鷹の維持費はかなりかかります。

一生を責任をもって飼育できるように、お迎え前にしっかり家族で話し合ってください。

猛禽類
サイト内検索
\みんなに広めてね/
スポンサーリンク
コンパニオンバード.com

コメント