インコを飼ってよかったと思う5つのこと。

インコが家にやってきたとき、家族はどう変わりましたか。
インコを飼ってよかったと思う5つのこと。
インコがもたらしてくれる幸せはどのようなものがあるのかについて5つのことをご紹介します。

インコを飼ってよかったと思っている人はとっても多いんですよ。

スポンサーリンク

1.インコの話題が増え家族の会話が増える

インコを飼ってよかったと思う5つのこと。
インコの話題が家族の共通の話題として増えるので、それに伴って家族の会話も自然に増えていきます。

インコのお世話の話だったり、インコが成長した、今日はこんなことをしたという話もできますね。

インコを中心に食事以外それぞれの部屋にいた家族がリビングに集まるようになった、思春期を迎えた子供との会話が減ったときにインコがやってきて、インコを通して家族の会話が増えたという声もありました。

スポンサーリンク

2.インコを通して命の尊さを学ぶことができる

インコを飼ってよかったと思う5つのこと。
インコのお世話やコミュニケーションを通して、命の尊さ、大切さを学ぶことができます。

愛鳥が目の前にいてくれる奇跡は当たり前ではないこと、愛鳥と出会えた喜び、そしていつか来る別れのとき。

あなたのインコはやってきた日から旅立つ日まで家族に命の尊さと動物に優しくする心をあなたと家族に教えてくれるのです。

3.家族がインコへの理解を深めもっと好きになってくれる

インコを飼ってよかったと思う5つのこと。
「インコは犬猫みたいに懐かないから」「インコは躾を覚えなさそう」というイメージが先行していた家族も実際にインコを迎えて接することで、「インコがこんなに愛情深いなんて!」とインコの見方ががらりと変わった、もっと大好きになったということがよくあります。

「インコなんて懐かないだろう…」としぶしぶ飼育に同意したお父さんが一番インコにメロメロになってしまったという例も多いようです(^^)。

「鳥頭」という言葉があるように鳥は頭が良くない動物の代表として例えられてきましたが、実は鳥類は非常に賢い動物なのです。

飼い主の顔や声を覚え、状況に応じたおしゃべりやしぐさを披露してくれます。

ボールや木の棒などを器用に使って遊ぶことだってしますよね。

インコほど飼育してみてイメージが変えられる動物はいないのではないでしょうか。

4.交友関係が広がる

インコを飼ってよかったと思う5つのこと。
普段の生活の中でインコの話を人にしたり、話をきいたりする機会は少ないはずです。

そんなときはインコ好きな人が集まるコミュニティに参加したり、ペットショップで知り合ったりするなど、インコを通して得られた縁が数多くあるはずです。

愛鳥のしつけに一人で悩んでいたことも、インコ友達に相談することで解決することも増えることでしょう。

中にはインコを通じて知り合った人と結婚して家庭を築いたという人もいるんですよ!

インコが愛のキューピットになるなんて、幸せですね♪

5.毎日新しい発見がある

インコを飼ってよかったと思う5つのこと。
インコとの暮らしは毎日新しい発見の連続です。

初めて飛んできてくれた日、初めてのおしゃべり、新しい言葉や反応が毎日あるので新鮮です。

特には反抗期を迎えたり、問題行動を起こしてしまうこともあるでしょう。それもまた新しい発見です。

インコと暮らしていて全く同じ日はありません。

毎日が新しい発見、新しい刺激があります。

それだけに1日1日がかけがえのない日といえますね。

インコの魅力を知った人たちの声

インコを飼ってよかったと思う5つのこと。まとめ

  • インコを飼うことで話題が増え家族の会話が増える
  • インコを通して命の尊さを学ぶことができる
  • 家族がインコへの理解を深めもっと好きになってくれる
  • 交友関係が広がる
  • 毎日新しい発見がある

いかがでしたでしょうか。

インコの飼育は毎日のお世話やしつけでの悩みなど大変なこともあります。

インコを飼育していることで旅行ができなくなったり、鳴き声の防音対策の手間をかける必要もでてきます。

問題行動やしつけに悩むこともあるでしょう。

しかしそれ以上に楽しくてかけがえのない日々をインコは届けてくれます。

インコを飼って良かった、インコもあなたに出会えてよかった、そうお互い思えるような関係になりたいですね。

コメント