セキセイインコがケージに戻らない時の戻し方。この方法は嫌われる!

セキセイインコがケージに戻ってくれない、無理やり戻すと嫌われてしまいそう…。そう感じる飼い主さんは多いと思います。
セキセイインコがケージに戻らない時の戻し方。この方法は嫌われる!
ケージに戻すとき、セキセイインコに嫌われてしまう方法があり、絶対にやってはいけないポイントがあります。

今回は嫌われることなく、セキセイインコのケージへの戻し方を解説します。

スポンサーリンク

セキセイインコがケージに戻らない時の戻し方

セキセイインコがケージに戻らない時の戻し方。この方法は嫌われる!
セキセイインコをストレスなくケージへ戻す方法として下記の方法が有効です。

  • 布をかぶせて捕まえる。
  • 部屋を暗くして捕まえる。
  • 噛んできても中断せず捕まえる。

それぞれやり方にコツがあり、一歩間違えると愛鳥に嫌われてしまいます。

詳細を説明していきます。

布をかぶせて捕まえる。

布を静かにかぶせて捕まえる方法です。

後ろから静かに布をかぶせて動きを鈍らせて捕まえましょう。

嫌われないポイントとして、後ろから布をかぶせて、かぶせるところを見られないようにすること。

かぶせるところをみられると「この人は自分(インコ)にイヤナコトをした!」と認識され、嫌われてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

部屋を暗くして捕まえる。

鳥は暗いところでは目が見えにくくなるという性質があります。

電気を消すなどして部屋を暗くし、動きが鈍くなったところを速やかに捕獲しましょう。

1回で捕まえられなかった、インコを見失った場合はすぐに電気を付けてインコの位置を把握しましょう。

これは暗闇で踏んでしまう、逃がしてしまうなどのアクシデントを防ぐためです。

噛んできても中断せず捕まえる。

セキセイインコが噛んできたりして、捕まえるのを中断してしまうと、「噛んだら放鳥時間が延びた」と学習してしまい、さらにケージへ戻ってこなくなります。

そればかりか、噛むことで飼い主をコントロールすることを覚え、わがままなインコに育ってしまうでしょう。

噛んでも堂々と対応し、「噛んでもダメだよ~おうちに帰ろうね~」と淡々とケージに戻しましょう。

これを繰り返すうちに「噛んでも状況は変わらない」と学習し、噛む事をやめるようになるでしょう。

インコをつかむ時は背中から捕まえるのではなく、優しく手に乗せるようにして捕まえましょう。

小鳥は背中から捕まえられると本能的に恐怖心を感じます。
check!インコの正しい持ち方。怖がらせない方法でベタ慣れインコ♪

ケージに戻る=うれしいことがあると覚えてもらいましょう。

ケージに戻ったら鍵をかけておわり、ではなく、ケージに戻ったあともケージ越しにおやつをあげたり、カキカキしてあげましょう。

「ケージに戻っても楽しいね」と飼い主さんとコミュニケーションをとることで、ケージに戻る=うれしいことがあると覚えてもらいましょう。

インコが反抗する理由は楽しい事が終わってしまう=イヤナコトがあるということです。

ケージに戻ること=楽しい事と認識させる接し方が大切になります。

セキセイインコがケージに戻らない時の戻し方。この方法は嫌われる!まとめ

  • 誤ったセキセイインコのケージに戻し方は嫌われてしまう原因になります。
  • 布をかけるときはかけるところが見えないように工夫しましょう。
  • 部屋を暗くしてして捕まえるときは、インコの位置を常に把握しましょう。
  • ケージに戻っても楽しい事があると理解すると自分からケージに戻っていくようになります。

セキセイインコは好き嫌いがはっきりしており、嫌な事には全力で抵抗します。

インコは飼い主の感情を敏感に感じ取ります。それだけに、わがままになりやすい側面もあります。

抵抗されても堂々として、ナメられないようにしましょう。

コメント