オカメインコの雛の食滞の症状/原因とマッサージ治療のやり方

オカメインコの雛が挿し餌の時期に陥りやすい病気に「食滞(しょくたい)」というのがあります。
オカメインコの雛の食滞の原因・症状とマッサージ治療のやり方
食滞は放置すると食事をとれなくなり、栄養が足りずに痩せて落鳥してしまう怖い病気です。

オカメインコの雛の食滞の原因・症状とマッサージ治療のやり方、予防方法を解説します。

食滞は正しい治療方法をすれば改善できますので、オカメインコをお迎えする人は知っておきましょう。

オカメインコの雛の食滞の症状

オカメインコの雛の食滞の症状/原因とマッサージ治療のやり方
オカメインコをはじめとする中型インコには、食道から胃(前胃)の途中に、一旦餌をためる「そのう」という袋状の器官があります。

そのうからの餌の落ちが悪く、前胃へと流れず、そのうに滞留している状態を「食滞」といいます。

そのうがある胸部分が大きくふくれ上がったり、餌が取れないため、食欲不振、衰弱といった症状が現れます。

雛に挿し餌をしたあと、次の挿し餌の時間になっても餌がそのうに残っている(正常なら、そのうは、ほぼぺったんこになっています)、そのうを触ると硬いものがあるような状態(正常な場合はぷよぷよしています)は、食滞を疑いましょう。

放置すると全身状態が悪化し、落鳥の可能性もある非常に怖い病気です。

※オカメインコの基本情報はこちらをどうぞ。
check!▽オカメインコの種類とお迎え価格

食滞の原因

オカメインコの雛の食滞の症状/原因とマッサージ治療のやり方
パウダーフードの濃度が高く、上手く流れなくなったことや、パウダーフードに粟穂や刻んだ小松菜などを混ぜて成分がかわり、そのうが消化不良を起こすなどが主な症状です。

パウダーフードはさらさらと流れる流れるくらいの濃度がオススメです。

例えると、ポタージュスープよりちょっと水っぽいくらいです。

食滞の予防方法

パウダーフードの濃度を上げすぎないこと(栄養をしっかり取らせようと、濃度をあげる飼い主さんが多いです)、挿し餌後、1時間おきにそのうの状態をチェックすることが予防法になります。

スポンサードリンク

食滞を防ぐ、改善させるマッサージ治療のやり方

オカメインコの雛の食滞の症状/原因とマッサージ治療のやり方
ぬるま湯を用意し、スポイトなどで少量飲ませた後、そのうを親指と人差し指、中指で優しく包むようにゆっくりマッサージしましょう。

フードの塊が指で優しく包んでも崩れないほど硬くなっているときは、病院に連れて行き、摘出してもらいましょう。

食滞状態を半日以上放置すると、その間の栄養がとれず、全身状態が著しく悪化します。

速やかに病院に連れて行ってください。

食滞の塊が硬くなく、やわらかい場合もあります。「そのう」に餌が半日以上とどまっている場合は、硬さに関わらず病院へ連れて行きましょう。

オカメインコの雛の食滞の症状/原因とマッサージ治療のやり方まとめ

  • 「食滞」とは、パウダーフードなどが「そのう」にとどまり、胃に流れない状態。
  • 食滞が長く続くと、食欲減退、栄養不良などで、最悪落鳥します。
  • 挿し餌のパウダーフードの濃度をやや薄めくらいにして、流れるようにしましょう。
  • 挿し餌後1時間おきくらいにそのうを触ってチェックするようにしましょう。

オカメインコは食滞になりやすいので、挿し餌の間は、食後定期的にそのうの様子をチェックするようにしてください。

食滞の疑いがでてきたときはすぐにマッサージを試みて、それでも流れない、硬いようであれば病院に連れて行きましょう。

あなたにおすすめ♪ ⋋(◍’◊’◍)⋌  インコが食べてもいい野菜/果物と与え方,あげてはいけない野菜/果物
スポンサードリンク
 

♪おすすめインコ記事♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です