タイハクオウムの飼育方法/性格/価格/寿命/知能の高さについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

タイハクオウムは犬のような鳥と例えられるくらい、人によくなつき、愛情表現をする大型鳥です。
タイハクオウムの飼育方法/性格/価格/寿命/知能の高さについて
しかし、実際に飼育するにはその性格や高い知能についての理解と、大型鳥を飼育する環境を整えなければ難しいでしょう。

今回はタイハクオウムの飼育方法/性格/価格/寿命/知能の高さについて解説します。

タイハクオウムの性格、価格、寿命について

タイハクオウムの飼育方法/性格/価格/寿命/知能の高さについて

原産国 インドネシア
寿命 40年~55年
お迎え平均価格 80万円~120万円
大きさ 約50.0cm

純白の翼と心優しい性格で、大型鳥の中でも特に人気の高いオウムです。

自然下ではインドネシアを中心とした森林で、ペアまたは小規模の群れをを作って生息します。

ペット用に人工繁殖された個体は、人とのコミュニケーションを強く欲し、いつでも飼い主ベッタリの甘えん坊なことが多いです。

その分、寂しさを感じやすく、一人の時間が多いと毛引きなどの問題行動を起こしやすいので、スキンシップを多くとれる家庭向きです。

check!オウム、インコの毛引き症の原因、治療と対策を考える

朝と夕方に雄叫びをあげる習性があり、その大きな声は防音対策をしないと集合住宅はもちろん、一軒家でも飼育できません。

タイハクオウムの寿命

タイハクオウムの寿命は40年~55年といわれています。

長寿命なので、飼い主さん1代でタイハクオウムが天寿を全うするまで飼育できるとは限りません。

そのため、子供や孫、もしくは親しい人への継続飼育ができる環境でお迎えすることが望まれます。

スポンサードリンク

タイハクオウムの知能の高さ

タイハクオウムの飼育方法/性格/価格/寿命/知能の高さについて
家族の名前と声を認識し、簡単な会話の受け答えや、仕込めば芸も可能なほどの知能を持っています。

おしゃべりはあまり得意ではありませんが、飼い主の気持ちを察してそっと寄り添うことも多いです。

知能が高い分、一人ぼっちになっていること、構ってもらえないことを認識し、ストレスを抱えたり、問題行動を起こすこともあります。

様々なおもちゃ、鳥用知育おもちゃを与えて知的好奇心を刺激する環境だと、ストレスを軽減するだけでなく、どんどん賢くなります。

タイハクオウムの飼育方法と注意点

タイハクオウムの飼育方法/性格/価格/寿命/知能の高さについて
タイハクオウムは大型鳥で、鳴き声も大きく、力も強いので大型鳥のケージが必須です。

床を歩き回ったり羽根を広げて動き回ることが多いので、羽根を広げて移動ができるサイズのゆったりめのケージが良いでしょう。

ケージ内には止まり木、エサ入れ、水入れを用意しましょう。

ケージ中を移動することが好きなので、おもちゃは1~2個程度に留めましょう。

放鳥のときにたくさんおもちゃを使って遊んであげてください。

止まり木は、付属の止まり木でも十分使えますが、太さが不均一の自然木のほうが、足の健康には良いので、自然木の止まり木を一本入れるのをおすすめします。

止まり木に使う木は鳥に害のない種類を選びましょう。
check!インコの止まり木の正しい太さと自作(作り方)のポイント

タイハクオウムのエサ


自然下のタイハクオウムは植物食寄りの雑食性の食性を持っています。

木の実やシード、果物などを食べています。

飼育環境下ではオウム専用のペレットやミックスシードなどを中心に、コマツナやチンゲンサイなどの青菜やりんご、みかん、バナナといった果物をミネラルやビタミン補給として副食として与えてあげましょう。

ただ餌を与えるのではなく、おもちゃにオヤツを隠したりして「餌を探す楽しみ」も追求してあげると喜ぶでしょう。

タイハクオウムの鳴き声


タイハクオウムは朝と夕は雄叫びをあげる性質があります。

非常に大きな音声で、30センチ離れた人の声が聞こえなくなるほどです。

防音壁、防音カーテン、防音アクリルケージといった防音対策を2つ以上同時に講じないとまず飼育できません。

元々動物園や特別な施設で飼育されている鳥であり、一般家庭で飼育するには相応の準備と覚悟が必要な鳥であることをしっかり認識した上でお迎えを検討してください。
check!タイハクオウムの鳴き声(雄叫び)について。防音対策紹介。

check!タイハクオウムの飼い方と注意点。雄叫びの防音は必須!

タイハクオウムの飼育方法/性格/価格/寿命/知能の高さについてまとめ

  • タイハクオウムは人に良く慣れ、ベタベタになつく大型オウムです。
  • 鳴き声が非常に大きく、騒音レベルですので、防音対策を2つ以上講じないと飼育できません。
  • 力が非常に強いので、大型鳥用ケージの中でも頑丈なものを選びましょう。

タイハクオウムは心優しく人間大好きなオウムです。

大型鳥なので鳴き声の問題、噛み癖への対処をしっかりしないと飼育は難しいでしょう。

愛情をこめた分だけ愛情で返してくれる様子は本当にかわいらしいですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 

♪おすすめインコ記事♪