オカメインコが元気がない、寝てばかりいるときの対処法まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

いつも元気な愛鳥のオカメインコが今日は寝てばかり、おとなしい気がする、ということはありませんか。

オカメインコが元気がない、寝てばかりいるときの対処法まとめ

オカメインコはよほどのことがない限り、昼間ずっと寝ているということはありません。

今回はオカメインコの元気がない、寝てばかりいるといったときの対処法をまとめました。

スポンサードリンク

保温をしましょう!

愛鳥が元気がないようなとき、第一にすることは保温です。

※夏場や暑い部屋にいた等で、熱中症の可能性がある場合は除きます。

小鳥は保温することで自己抵抗力を高め、少々の不調から自力で改善する場合があります。

保温する温度は29度~30度くらいにしましょう。

小鳥は体が冷えてしまい体温が下がると体調を大きく崩し、立て直すのが非常に難しくなります。

春~夏場のお迎えでも、ペットヒーターなどの保温グッズを一緒に買い揃えておくと不調の際の保温に便利です。

元気がない、寝てばかりいる原因

オカメインコが元気がない、寝てばかりいるときの対処法まとめ

小鳥は不調を見抜きにくく、見抜きにくい理由があります。

小鳥は自然界で体調が悪いとタカなどの肉食動物に見抜かれ、捕食されてしまうからです。

その習性のため、体調が悪くても元気にふるまおうとします。

元気にふるまうことさえもできない=体調が悪いのが表面化しているときは深刻な状態と思って良いでしょう。

寝てばかりという鳥も同じです。

体調が悪く、動くのがつらいので寝ている時間が増えているのです。

考えられる原因を解説していきます。

・ストレス

・卵詰まり

・換羽

・その他

スポンサードリンク

ストレス

オカメインコは環境がかわったり、えさがかわったりするとストレスを感じる面があります。

大好きな飼い主が数日旅行している間まったく餌を食べなかったり、ケージの模様替えをしただけで調子を崩してしまうこともあります。

急な変化が苦手なインコです。

卵詰まり

メスに見られる病気です。

下腹部にふくらみができた、元気が急になくなった場合、この病気を疑います。

重症化すると落鳥する可能性が非常に高いため、様子見せず、すぐに病院に連れて行きましょう。

※詳細はこちらをご覧下さい。
■インコの卵詰まりの症状と処置、予防方法まとめ 放置は危険!

換羽

羽根が生え変わる時期(換羽)は、体調を崩しやすい時期でもあります。

体力面だけでなく、精神的にもイライラしたり、飼い主さんに反抗したりと不安定になります。

換羽の時期は放鳥を控え、栄養価の高い青菜・ボレー粉などをあげて保温して穏やかに過ごさせましょう。

※詳細はこちらもチェックしてみてください。
■換羽の時期のインコは食欲不振&イライラ。時期と対策まとめ。

■インコの換羽時期の注意点。元気がない、食欲がないときの対策。

その他

うずくまっている、尾を動かして苦しそうに息している、嘔吐や下痢があるといった、気になる症状があれば、すぐに病院に連れて行きましょう!

体調が表面化するほど悪くなった鳥は自力での回復が見込めず、飼い主さんだけでの改善も厳しいケースがほとんどです。

様子見や先送りをせず、すぐにかかりつけの獣医さんに連絡しましょう!

オカメインコが元気がない、寝てばかりいるときの対処法まとめ

  • 元気がない、寝てばかりいるようなときは、まず保温をしましょう。
  • 環境がかわったり、ストレスを抱えると体調を崩す場合があります。卵詰まりの可能性もチェックしましょう!
  • 呼吸が苦しそうなど、いつもと違う場合は大至急病院へ!

オカメインコは雛から若鳥の時期は特にストレスに弱く、体調の維持が難しいといわれています。

最初の冬を越えるまでは、過保護なくらい保温と体調チェックを毎日欠かさず行いましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする