文鳥(ブンチョウ)の元気がない/具合が悪いときの対処法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

文鳥の様子がいつもと違う、元気がないとかなり心配ですよね。

文鳥(ブンチョウ)の元気がない/具合が悪いときの対処法。

小さいからだなので、少しの不調があっという間に全身状態に表れてしまいます。

今回は文鳥の元気がない、具合が悪い時の対処法をまとめました。

スポンサードリンク

元気がないときはまず保温!

原因がわからなくても、まず保温をしましょう。

※夏場などで暑い部屋にいた等で、熱中症の可能性がある場合は別です。

保温する温度は30度くらいが良いでしょう。

小鳥は体を冷やすと立て直すのが非常に難しくなります。

春~夏場にお迎えしても、ペットヒーター、保温グッズは揃えておきましょう。

保温をしたうえで、原因を探り対処していきましょう。

文鳥の元気がない/具合が悪い原因

文鳥(ブンチョウ)の元気がない/具合が悪いときの対処法。

いつも元気に動き回ってさえずっていた文鳥が急に元気がなくなると、とても心配になります。

小鳥は自然界で捕食される立場のため、ギリギリまで体調が悪いのを隠そうとします。

体調が悪いのを表に出すとたちまち捕食される危険性があるためです。

そのため、元気がないのが表面化している場合、かなり状態が悪化していると考えましょう。

以下の原因と解説をしていきます。

・ストレス

・卵詰まり

・換羽/貧血

・その他、気になる症状がある。

スポンサードリンク

ストレス

文鳥は実は非常にストレスに弱い面があります。

一緒に飼っていた文鳥が亡くなってしまったりすると、追いかけるようにして亡くなってしまったり、餌をとらずケージの隅でうずくまるという状況に陥ることがあります。

環境の変化にも敏感ですので、あまり急激な変化を起こさないようにしましょう。

多頭飼いしている中で、同じケージの仲間が亡くなってしまったときは、数日間は特に注意しましょう。

卵詰まり

メスに見られる症状で、下腹部にふくらみができた、元気が急になくなった場合は卵詰まりを疑います。

救命率が低く、様子見すると悪化する傾向にあります。

すぐに病院に連れて行きましょう。

また、オスだと思って連れて行ったらメスだったということもあります。

確実にオスである個体でなければ必ず病院にいきましょう。

※詳細はこちらをご覧下さい。
■インコの卵詰まりの症状と処置、予防方法まとめ 放置は危険!

換羽/貧血

羽根が生え変わる時期(換羽)は、貧血気味になることが多いです。

体力の消耗も激しく、精神的にも不安定になりますので、放鳥を控え、栄養価の高い青菜・ボレー粉などをあげて保温し、しっかり様子をみましょう。

※詳細はこちらもチェックしてみてください。
■換羽の時期のインコは食欲不振&イライラ。時期と対策まとめ。

■インコの換羽時期の注意点。元気がない、食欲がないときの対策。

その他、気になる症状がある

うずくまっている、尾を動かして苦しそうに息している、顔を上げて呼吸している、嘔吐や下痢などがあるといった、元気がない以外に気になる症状があれば、すぐに病院に連れて行きましょう!

これらの症状がでた鳥は、飼い主さん個人では治すことはまずできません。

様子見や先送りをせず、すぐに最寄の動物病院に連絡しましょう!

文鳥(ブンチョウ)の元気がない/具合が悪いときの対処法。まとめ

  • 文鳥が元気がない、具合が悪そうな時は、まず保温をしましょう。
  • 保温をしたうえで、ストレスを与えていないか、換羽時期ではないか、ストレスの原因を探りましょう。
  • 呼吸が苦しそう、嘔吐などがある場合は大至急病院へ!

文鳥は体が小さく、体温の降下がしやすい動物です。

保温をしっかり行ったうえで病院に連れて行きましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする