インコの夏のお留守番と遮光対策!クーラーをうまく使うコツ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

夏は大型連休も多く、親戚や家族でお出かけをする機会が増える季節です。

インコの夏のお留守番と遮光対策!クーラーをうまく使うコツ!

そのため、愛鳥にお留守番をしてもらうことが必然的に増えるでしょう。

インコは暑さに弱いので、お留守番をしてもらう前にしっかり対策をとる必要があります。

今回はインコの夏のお留守番の注意点とクーラーを上手に使うコツ、遮光対策を紹介します。

スポンサードリンク

インコの夏のお留守番の注意点

インコのお留守番の注意点として下記のポイントがあります。

・インコの適温を知っておく。
・クーラーや扇風機を上手に使う。
・凍らせたペットボトルを使う。

これらについて解説していきます。

インコの適温を知っておく。

インコの過ごしやすい温度を知っておきましょう。

インコが快適に過ごせる適温は、以下のとおりです。

・健康な成鳥:20度~30度位。
・はじめて冬や夏を経験する1歳未満の若鳥:24度~28度位。
・高齢鳥、幼鳥、病鳥:28度~30度。

目の前のインコの様子を最優先に、適温は目安として調整しましょう。

クーラーや扇風機を上手に使う。

室温を快適な温度に維持するためにはクーラーや扇風機をうまく使うことが必須です。

しかし、風を直接インコに当ててはいけません。

直接風を当てると体温を奪われ体調を崩す原因になります。

扇風機やクーラーの風は壁にあてて、反射した風をケージにむけるようにしましょう。

凍らせたペットボトルを使う。

あらかじめ凍らせたペットボトルをケージの上に置くのも高い冷却効果があります。

冷気は下に向かって流れるので、ケージの上におきましょう。

溶け出したペットボトルの水がケージを水浸しにしないよう、ケージとペットボトルの間にタオルを敷きましょう。

タオルはインコの爪がひっかからないような生地を選びましょう。

日中のお留守番は長くても3~4時間

インコの夏のお留守番と遮光対策!クーラーをうまく使うコツ!
クーラーや扇風機で気温を調整しても、日中の長時間のお留守番は万が一の停電や故障などの可能性もありますのでおすすめできません。

※実際にクーラーの故障で室温が上がり熱中症になった話があります。

心配すればキリがありませんが、用心をしておくのにやり過ぎはありません。

日中のお留守番は長くても3時間前後にするようにしましょう。

夏の遮光対策

日中の気温を少しでも和らげるのに、「遮光ネット」を使うと、強い日差しも防げて一石2鳥です。

竹製のすだれも効果的ですが、長期間使うとカビや虫の発生の可能性があります。

遮光ネットとカーテンを併用すれば外気を遮断でき、日中の室温をぐっと抑えることができます。

インコの夏のお留守番と遮光対策!クーラーをうまく使うコツ!まとめ!

  • 夏場のインコの留守番はきちんと対策をする必要があります。
  • クーラーと扇風機を使って適温を維持しましょう。直風は厳禁です!
  • 遮光ネットなどを使うと室温の上昇を抑えられて非常に便利です。

これから暑くなる季節、鳥さんが気持ちよく過ごせるためにできることを紹介しました。

特に初めての夏を迎える幼鳥さんや、病鳥さんはなるべく留守番そのものを避けてあげるようにしてください。

体力の少ない鳥さんの不調は建て直しがとても難しいのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする