ベニコンゴウインコの生態/飼い方/性格/特徴/価格/寿命

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

世界一大きなインコといわれる、ベニコンゴウインコは鮮やかな色合いとフレンドリーな性格でとても人気があります。

ベニコンゴウインコの生態/飼い方/性格/特徴/価格/寿命

大型インコ・オウムは飼育環境を選ぶペットなので、飼育する前には入念な準備と勉強が必要です。

今回はベニコンゴウインコの生態/飼い方/性格/特徴/価格/寿命について紹介します。

スポンサードリンク

ベニコンゴウインコの生態・特徴・値段・寿命

ベニコンゴウインコの生態/飼い方/性格/特徴/価格/寿命

原産国 中南米
寿命 50年~80年
お迎え平均価格 60万円~80万円
大きさ 約80~90cm

鮮やかな羽色が美しく、人気が高い大型インコです。

中米ホンジュラスの国鳥で、野生下では基本的にペアで暮らします。

ペアの絆は深く、どちらかが死ぬまで寄り添います。

言葉は覚えますが、おしゃべりはあまり得意ではありません。

鳴き声も野太く当たり一帯に響くので、必ず防音対策をしましょう。

ベニコンゴウインコの性格

頭が良く元気で陽気な性格で、雛から飼育すれば人に良くなつきます。

飼い主さん一人に懐くオンリーワンな傾向がありますが、家族にもちゃんと懐きます。

懐き度合いがちょっと違っているようです。

その分、ひとりぼっちになることが多いと、寂しさから毛引きをしてしまうことがあります。

1日最低1回1時間はふれあってコミュニケーションをとりましょう。

ベニコンゴウインコの飼育のポイント

ベニコンゴウインコの生態/飼い方/性格/特徴/価格/寿命

ベニコンゴウインコをはじめとするコンゴウインコは体が非常に強く、暑さや寒さに強いといわれています。

しかしそれは「暑くても寒くても死なない」だけであり、快適に暮らしているというのとは別です。

ベニコンゴウインコと人が快適に暮らすための3つのポイントをしっかり抑えておく必要があります。

・鳴き声の問題
・噛む力の問題
・遊ぶ場所の問題

これらを解説していきます。

鳴き声の問題

ベニコンゴウインコの鳴き声はかなり強烈です。

コンゴウインコ類を飼育したくても諦めてしまう人の大半の理由はこの鳴き声の大きさにあります。

この動画の音量を最大にしてヘッドホンできいたくらいの音量でもまだまだ足りません。

30センチ離れた人の会話がきこえなくなるくらいです。

防音壁にして防音ケースを導入するくらい、防音対策をしてください。

噛む力の問題

ヤシの実を砕いて食べるベニコンゴウインコのくちばしの力は本気で噛むと人の手は骨折してしまうでしょう。

生来優しい性格なので、人に対してなれている個体なら本気で噛むとことは稀ですが、噛み癖がつかないように日ごろからしつけをする必要があります。

噛まれるのが怖くてインコのいう事をきいていたりすると、その雰囲気を読み取り、次第に「噛んだら要求が通る」と学習し、噛み癖が定着する場合があります。

甘噛みは彼らのコミュニケーションのひとつなので、多めにみてあげても良いですが、わがままを通すための噛みはしっかりしつけましょう。

噛み癖のしつけ方法についてはこちらを参考にしてみてください↓
■インコの噛み癖を治すにはおもちゃが有効!大型は手袋をはめて!

遊ぶ場所の問題題

コンゴウインコ類は体が大きいので、その分広い飼育環境が必要と思われがちです。

しかしコンゴウインコ類は放鳥中も広く飛び回るより、専用のスタンドやお気に入りの場所でまったりすごすことが多いようです。

広いスペースがあるに越したことはありませんが、それよりも「安心できる場所」「安心してとまれるスタンド」を好むようです。

ベニコンゴウインコの生態/飼い方/性格/特徴/価格/寿命まとめ

  • ベニコンゴウインコはインコの中でも最大種のインコです。
  • 声が非常に大きいので、飼育スペースを防音対策する覚悟が必要です。
  • 飼い主にべったり、まったりが好きなので、スキンシップを多めにとりましょう。

ベニコンゴウインコはとにかくオンリーワン!

飼い主さん大好きです。

飼い主さんが何をしていてもくっついてくるかわいさが本当にたまりません。

飼育難易度は高い(特に鳴き声)ですが、それを補って余りある魅力ある鳥です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする