ワシミミズクの飼育/飼い方と値段、性格、特徴、寿命について。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フクロウの中でも比較的大型で迫力満点のワシミミズク。

ワシミミズクの飼育/飼い方と値段、性格、特徴、寿命について。

大型猛禽類なので手間と労力、資金は非常にかかりますが、丈夫で懐きやすいのでおすすめです。

今回はワシミミズクの飼育/飼い方と値段、性格、特徴、寿命について解説します。

スポンサードリンク

ワシミミズクの性格、特徴、寿命、値段

ワシミミズクの飼育/飼い方と値段、性格、特徴、寿命について。

原産国 極地圏と熱帯を除くユーラシア大陸
寿命 15年~20年(飼育下では30年~)
お迎え平均値段 20万円~30万円
大きさ 約70cm

耳のような羽が生えているフクロウの一種です。

体色は褐色で全体に不規則な縞や斑があります。

羽色は赤みがかったクリーム色で、くちばしは黒く、足の指まで羽毛があるのが特徴です。

また、大型猛禽類なのでペットショップなどに入荷することはほとんどなく、フクロウ専門店などからの入手になります。

ワシミミズクの性格

ワシミミズクは個体差による性格差が大きく、一概には言えません。

好奇心が強く、雛から飼育すると人に良くなつきやすいあかるい性格をしているのが多いです。

よく言われる性格として、
・人によく懐く、明るい。

・家族以外には人見知り。

・ちょっと神経質、怖がり。

が挙げられます。

ワシミミズクの飼い方

ワシミミズクの飼育/飼い方と値段、性格、特徴、寿命について。

猛禽類の飼育は、環境面、資金面、時間面で多くの手間が必要です。

ペットとして一般的に普及している鳥ではありません。

飼育前に勉強、飼育してからもずっと勉強し続けていくことが必要です。

それでもマニュアルどおりに育つ、懐いてくれることは多くはないと心得ましょう。

鳥優先の生活を家族で続けられるか、かかる費用や手間を終生惜しまずできるか、思ったより懐かなくても愛情を持って接することができるかが重要です。

・餌

・飼育環境(ケージなど)

・日光浴

・足回りを綺麗にする

これらを解説していきます。

ワシミミズクの主食は専門店で購入できる冷凍マウスや冷凍ヒヨコなどを刻んで与えましょう。

副食にコオロギなどの昆虫を与えると良いでしょう、これもショップで購入が可能です。

丸ごと与えないと栄養が偏ってしまうので、肉、骨、内臓、すべてを与えるようにしましょう。

与えるときはピンセットで与えること。

手で与えると、手を餌と勘違いして噛みつくことがあります。

スポンサードリンク

飼育環境(ケージなど)

ワシミミズクは大型なので、一般に売られているようなケージでは小さい場合があります。

ケージを自作するか、オーダーメイドで製作してもらう人が多いです。

ケージに入れっぱなしの飼育はまずできません。

飛ぶことで体調を維持しているため、広大な飼育環境が必要です。

できれば屋外にネットを張って飛ぶスペースを作るのがお勧めです。

日光浴も兼ねられます。

日光浴

鳥類、猛禽類は本来人間より高い位置で生活しており、紫外線をたくさん浴びます。

日光浴は必要不可欠で、可能な限りしたほうが良いでしょう。

直射日光には十分気をつけ、影のある環境で日光浴をさせましょう。

足回りを綺麗にする

猛禽類の生命線は足といっても過言ではありません。

足はこまめに洗って清潔に保ちましょう。

逆に足の汚れ、怪我は体調を崩す元です。

ワシミミズクの飼育/飼い方と値段、性格、特徴、寿命について。まとめ

  • ワシミミズクは大型の猛禽類で、雛から育てると人に慣れます。
  • 食生活や飼育環境を完全にワシミミズクにあわせる覚悟が必要です。
  • 餌の与え方、日光浴、足回りを清潔にすることなど、ひとつひとつをきちんと守ることが長生きさせるポイントです。

ワシミミズクは入手も難しく、飼育にも大変な費用と手間がかかります。

鳥飼育を全くしたことのない初心者には猛禽類は不向きです(長期間の勉強か、ショップに通い詰めて学ぶ姿勢が必要)。

それらの手間や費用を惜しまず、フクロウ優先に愛情をかけられる人に飼育していただきたいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする