モモイロインコの飼い方と特徴、注意点。おしゃべりなど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

鮮やかなピンク色とトサカが特徴的な大型鳥、モモイロインコ。

モモイロインコの飼い方と特徴、注意点。おしゃべりなど。

大型鳥、オウムの中でも特に丈夫で初心者さんにも比較的飼いやすい鳥です。

今回はモモイロインコの飼い方と特徴、注意点、おしゃべりについて紹介します。

スポンサードリンク

モモイロインコとは

モモイロインコの飼い方と特徴、注意点。おしゃべりなど。

原産国 オーストラリア
寿命 40年~
お迎え平均価格 35万円~40万円
大きさ 約40cm

全身がピンク色で、みているだけでわくわくするかわいらしいインコです。

性格は陽気で人間大好き。

積極的にコミュニケーションを求めてくるので、モモイロインコとの時間をたっぷりとれる人におすすめです。

逆に一人の時間が長いと呼び鳴きや毛引きなどの問題行動につながる場合があるので注意しましょう。

※詳細はこちらもご覧ください。
■モモイロインコの性格/寿命/価格/性別の見分け方

噛み癖はあまりでない傾向にありますが、噛まれた時の飼い主さんの反応などで、噛む事が習慣化する場合があります。

大型鳥ですので、噛む力は強いです。早めにしつけをしましょう。

■モモイロインコの噛み癖のしつけと噛むときの効果的な対処法!

モモイロインコの飼い方と注意点

モモイロインコは比較的大人しいといわれてますが、大型鳥なので防音設備は必須です。

十分に運動できる環境、健康的な食生活を常に提供できるように努力しましょう。

飼い方のポイントを個別に解説します。

・ケージ選び
・餌
・放鳥(運動)
・健康管理
・防音設備

ケージ選び

止まり木が2本設置でき、止まり木から止まり木に飛び移れる広さのケージが必須です。

力が強いので、大型鳥専用のケージを必ず選びましょう。

専用に売られているフードが何種類かあるので、いくつか試してみて愛鳥にあったフードを使いましょう。

フードを一種類に絞ると万が一のメーカーの生産中止の時に食べるフードがなくなってしまいます。

食べられるフードを最低3種類は用意しておきましょう。

放鳥(運動)

1日最低1時間は放鳥し、スキンシップをとりましょう。

特にモモイロインコはスキンシップを求めます。

放鳥時間以外もケージの外から声をかけたり、ケージ越しに撫でてあげたりしましょう。

健康管理

お迎え時の健康診断、半年に1回の健康診断を欠かさず受けるようにしましょう。

鳥は病気や不調を隠す習性があります。

表面化しはじめたときは具合がとても悪くなっている場合が多いです。

少しでもいつもと違う、羽根を膨らませてうずくまっている、体重が減ったということがあれば、様子見を決してせずに獣医の診断を仰ぎましょう。

また、肥満になりやすいインコなので、ひまわりの種などの高脂肪食品は控えめに、低脂肪フードを多めに用いるようにしましょう。

スポンサードリンク

防音設備

モモイロインコは大型インコの中では雄たけびも少なく、比較的大人しい部類です。

でもこれはあくまで「大型インコの中では」です。

小型~中型インコと比べるとかなり大きな声で鳴きます。

集合住宅での飼育の場合は、防音対策は必須です。

このようなアクリルケースがあると防音や防塵対策になり便利です。
>>アクリルバードケージ(オウム専用)

モモイロインコをお迎えする前に!

モモイロインコの飼い方と特徴、注意点。おしゃべりなど。

モモイロインコをお迎えする前に、今一度下記のことをしっかり考えてみてください。

「かわいいから」「興味があるから」だけでは絶対に飼えません、飼ってはいけません。

・40年以上の寿命です。ずっと飼い続けられますか(万一の飼育委託先を決めてますか)。

・飼育費用、医療費用は年間数十万かかる場合があります。

・犬に比べて人に慣れる、しつけには時間がかかります。

・飼育に家族全員の賛成と協力(大切!)を得られるか。

・2泊以上の外泊や旅行が難しくなります。

・その他、必要なときにきちんとモモイロインコを優先してあげられますか。

お迎えしてから「こんなはずではなかった」となってしまうと、人も鳥も不幸です。

人に慣れた鳥は、人がいないと生きていけません。

今一度お迎え前に家族でしっかり話し合ってください。

モモイロインコの飼い方と特徴、注意点。おしゃべりなど。まとめ

  • モモイロインコは陽気で人間が大好きな鳥です。
  • 大型インコの中では比較的大人しいですが、それでも小鳥よりは声が大きいため、集合住宅では防音対策は必須です。
  • 大型鳥は長命、高費用がかかります。一生お世話ができるかよくよく話し合いましょう。

モモイロインコに限らず、大型鳥は飼育には相当な覚悟と費用が必要です。

それが飼育している間長期間続きます。

それらをクリアしているのであれば、一生の楽しいパートナーになってくれるのは間違いありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする