インコを飼育するのに必要なもの5選!これだけは揃えましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

インコを飼育するのに必要なもの5選!これだけは絶対必要!

インコの飼育を始めるとき、まず何が必要なのかが気になるでしょう。

お迎えしてから足りないものがあると不便ですし、ものによってはインコの命取りになることもあります。

今回は絶対揃えておきたい、インコを飼育するのに必要なもの5選を紹介します。

スポンサードリンク

鳥かご ケージ

インコが1日の大半をすごす場所になる、ケージは絶対に必要です。

サイズや形状はインコによってことなります。

ただインコが入れば良いというものではなく、インコがケージ内でちょっとした運動や移動ができ、ストレスをためないサイズが理想です。

お迎えするショップの人やブリーダーさんにきいて、お迎え前に購入しておきましょう。

えさ入れ(水入れ)

餌入れはケージといっしょについている場合がほとんどですが、底の浅いタイプを用意しておくと便利です。

餌入れは最低でも1週間に1回(夏場は2日に1回)はしっかり洗うのが衛生上おすすめです。

洗い代え用に同型の餌入れを2~3個用意しておきましょう。

特に水入れは、水垢などがつきやすいので、しっかり洗う必要があります。

止まり木

止まり木は鳥かごに付属されているものでも十分使えますが、曲がりや太さが不均一な自然木のほうが、インコの健康に良いです。

爪の伸びすぎも防ぐ効果があるので、最低1本は必ず入れるようにしてください。

フンなどで汚れた場合は新しい止まり木を用意しましょう。

スポンサードリンク

ケージカバー

インコを寝かせるときにケージにかけるカバーです。

遮光性の高い布であればなんでもかまいません。

ただしほつれやすいものなどは内側からインコが脚を引っ掛けるなどして、思わぬ事故を招くこともあるので使わないようにしましょう。

特に冬場は絶対にカバーをかけるようにしてください。

特に小型インコや体調の優れないインコは、カバーがなかったばかりに凍死してしまうこともあります。

フード(餌)

インコを飼育するのに必要なもの5選!これだけは揃えましょう!

インコの種類や成長段階にあわせたフードを用意しましょう。

ペレット食が推奨されていますが、特定のペレットのみしか食べない状態だと、万が一のペレットの生産中止の時に困りますので、必ず複数のペレットやフードに慣らしておくようにしてください。

インコはため食いのできない生き物です。
フードを切らすことは、飢え死につながります。

フードを切らすことは絶対にないようにしましょう。
非常用も含めて、常に1ヶ月分の備蓄をしておくことをお勧めします。

準備はお迎え前にすませておくこと!

飼育に必要な道具はインコをお迎えする前にしておきましょう。

インコと同時は使い慣れていなかったり、道具の洗浄などが済んでいなかったりと何かとあわててしまいます。

お迎え後はもってのほかです!
特にえさがないままのお迎えは危険です。

必ずお迎え前にそろえて、使えるようにしておきましょう。

インコを飼育するのに必要なもの5選!これだけは揃えましょう!まとめ。

  • インコを飼育するためにはケージやフードなどの準備が必要不可欠。
  • インコの種類やサイズ、性質にあったケージとフードを用意しましょう。
  • 餌入れ、水入れは汚れやすいので予備や底の浅いものを準備を準備しましょう。
  • ケージカバーは寒さを防ぐのにも役立つので必ず使うようにしてください。

インコを飼育する前にはさまざまな準備が必要です。

内容や種類、それらにかかる費用もお迎えするインコによって多少かわります。

ショップやブリーダーさんのアドバイスをきいて、インコをお迎えする前に揃えておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする