インコの保温に電気毛布、カイロ、ダンボール、ストーブは使える?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

冬場はインコの保温に頭を悩ます飼い主さんも多い季節です。

インコの保温に電気毛布、カイロ、ダンボール、ストーブは使える?

インコの保温に「電気毛布」「カイロ」「ダンボール」「ストーブ」は使えるのでしょうか。

それぞれの詳細と使い勝手をまとめました。

スポンサードリンク

インコの保温に大切なポイント

インコの保温に電気毛布、カイロ、ダンボール、ストーブは使える?

インコは呼吸で暖かい空気を吸収し保温するので、インコを保温する際はインコの周囲の空気を暖めるのがポイントです。

インコを直接暖めても効果は薄いので注意しましょう。

保温は初めて冬を越す雛や若鳥、病気などで体調が思わしくない個体には必ず行うようにしましょう。

電気毛布

電気毛布は鳥の保温をするようにできていませんので、使ってはいけません。

あくまで電気毛布は人の保温用に作られている商品です。

人が快適に感じる温度になるように作られているため、鳥に使うのには不適切です。

また、感電、火災の危険性もあります。

カイロ

カイロは移動時など短時間かつ、人がみながら使うのであれば(放置で使わない)、使えます。

酸素不足になりやすいので、密閉した環境化で使うと窒息などの危険性が生じます。
そのため、長時間の使用をしてはいけません。

スポンサードリンク

ダンボール

ダンボールは温度変化が少なく、室内で雛の間飼育する場合などのケージの囲い材としておすすめできる材料です。

飼育環境としては向きません。あくまでケージを囲って使用、短期間での飼育に使いましょう。

囲う際はすべてを囲うのではなく、通気や明るさを取り込む工夫をする必要があります。

ストーブ

インコの保温に電気毛布、カイロ、ダンボール、ストーブは使える?

基本的にストーブ類は空気を汚しやすく、表面温度が非常に高いので保温には向きません。

火傷や事故の危険性も高いため、ストーブを使っている部屋での飼育や放鳥は十分に注意して行いましょう。

インコの保温に電気毛布、カイロ、ダンボール、ストーブは使える?

  • インコの保温は空気を暖めることがポイントです。
  • 電気毛布は感電、事故の危険性があるため推奨しません。
  • カイロやダンボールは管理下で、短期間、短時間での使用にしましょう。
  • ストーブは空気を汚し、事故のリスクが高いので、部屋で使うときは十分注意してください。

人にとっては安全、快適なものでも、鳥にとっては危険なものはたくさんあります。

保温器具ひとつとっても人間用と鳥用は大きく違います。

インコ専用に作られた器具を正しく使うことが事故を減らすポイントです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする