インコの地震/被災時の避難方法、対策まとめ!必読!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

日本は地震が多い国です。
日本のどこでも大きな地震が、
起こる可能性があります。
インコの地震/被災時の避難方法、対策まとめ!必読!
万一の災害時において、
インコを連れた避難方法や、
被災に備えた対策をまとめました。

是非読んでおいてください。

スポンサードリンク

インコの地震/被災時の避難方法

インコは犬や猫と違い、
被災時のサポートが薄い場合や、
理解がないことがあります。

そのため、飼い主さんのほうで、
しっかり自衛する必要があります。

インコの避難に必要なもの

インコの地震/被災時の避難方法、対策まとめ!必読!
・新聞紙、ダンボール、大きめの布。
→避難時の目隠しや保温用。
・コットンやガーゼを水に浸した水入れ。
→移動時の水こぼれを防ぐために、
水をコットンなどに浸しておきましょう。
・フード、水(最低3日分)。
→避難勧告がでると、
数日家に帰れない場合があります。
・青菜
→水が切れたときの水分補給にもなります。
・ガムテープ、ビニールテープ。
→ケージの固定や補強に。
・ポケットカイロ、電気ケトル。
→保温に。

これらを万一の際、
愛鳥と一緒に持っていけるよう、
ケージのそばか、玄関に常備しておくことを、
強くおすすめします。

また、いざ当日を迎えるとあわてるので、
平常時に、ケージと避難道具を持って、
避難する練習をしておくと、
心積もりもできるので良いでしょう。

インコの避難に備えて、避難直前にすること!

インコを連れていざ避難!となった場合、
餌入れや、入り口はガムテープなどで、
しっかり固定
しましょう。

避難中に扉が開いて、
鳥さんが逃げてしまったということを、
防止するためです。

避難中の逃亡事故は、
移動の振動で扉が開いたことが原因が多い
です。

あわただしい中になりますが、
しっかり固定を!

計画停電時のインコの保温方法

インコの地震/被災時の避難方法、対策まとめ!必読!
電力が大きく不足すると、
計画停電がされる場合があります。
数時間程度でも、冬の厳寒時は、
鳥さんには致命的です。

計画停電中は、
湯たんぽでケージを、
保温するのが一番おすすめです。

ガスが使えるからと火気を近づけると、
酸欠や火事の原因になります。

計画停電は、
停電時間が前もって告知されるので、
停電前に魔法瓶などにお湯を準備して、
湯たんぽを複数作れるようにしておきましょう。

ガスストーブの付けっぱなしは、
ガス漏れや酸欠の危険があります。

できるだけ、お湯を使った、
保温を心がけましょう。

スポンサードリンク

避難場所での過ごし方

多くの人と一緒に過ごすことになる避難場所。
中には鳥やペットが苦手な人も多くいます。

そういった人たちへの配慮を忘れずに。
配慮の積み重ねが、
避難所でのペットの受け入れの、
寛大さにつながっていきます。

・放鳥は絶対しない。
→周囲への迷惑防止、知らない環境での、
インコのストレス防止になります。
運動不足が心配ですが、
ここは我慢してもらいましょう。

・ケージは目隠し、防音、防塵をしておく。
→できるだけ鳥さんが周囲にみえないよう、
目隠しと、鳴き声への防音、
羽や排泄物の飛び散りの対策をしましょう。

・できるだけ外に出やすい場所で過ごす。
→鳥さんのお世話や、排泄物の掃除で、
迷惑がかからないようにしましょう。

インコの地震/被災時の避難方法、対策まとめ!必読!

  • 前もって食料や避難用具は常備しておく。
  • 平常時に避難の練習を。
  • 飲み水はこぼれ防止にコットンなどに、
    浸しておくのがおすすめ。
  • 避難所では、ペットが苦手な人に配慮を。
  • 保温はお湯を使って行うのを心がける。

被災時は誰もがパニックで、
冷静な判断ができません。

平常時にしっかり対策をして、
万一の時に愛鳥を、
守れるようにしておきましょう。

被災されたインコさんと、
飼い主さんに安らげる時間が訪れますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする