インコのペローシス(腱はずれ)について。雛なら矯正可能!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

インコのヒナに稀にみられ、
開脚のため、
自立や止まり木に止まることができない病気、
ペローシス(腱はずれ)
インコのペローシス(腱はずれ)について。雛なら矯正可能!
今回はペローシス(腱はずれ)について、
詳細と矯正方法を紹介します。

スポンサードリンク

インコのペローシス(腱はずれ)について

※この項目では、
インコのペローシス(腱はずれ)について、
記載しておりますが、病状の進行度等、
個体差があります。
必ず獣医さんへ診察に行き、
判断を仰いでください。
自己判断は禁物です。

主な症状と原因

主な症状として、足が横に開脚した状態で、
自立できない状態です。
インコのペローシス(腱はずれ)について。雛なら矯正可能!
自家繁殖した小型~中型インコによくみられ、
原因は不明ですが、
親の健康状態や、遺伝の説があります。

自立ができないため、
胸部で全体重を支えることになります。

その結果、胸骨の変形などが起こり、
呼吸症状などに発展する病気です。

大人になってしまうと、
骨が固まってしまうため、
手術での矯正になりますが、
生後1ヶ月未満のヒナであれば、
矯正が可能です。

矯正方法

※必ず獣医の指示の元、
行うようにしてください

両足を粘着力の弱い、
伸縮性テープで固定する方法です。
インコのペローシス(腱はずれ)について。雛なら矯正可能!
両足をゆっくりと下に牽引し、
固定します。

固定するときは、
足の血流を阻害しないよう、
きつくなりすぎないようにしてください。

この固定を骨が固まってくる、
1ヶ月~継続します。

動いたりして固定が外れたり、
緩んだときは付け直してあげてください。

毎日の世話

固定がしっかりされているかを、
毎日の世話の中でチェックしてください。
(ヒナなら挿し餌前後)

やわらかいスポンジやタオルなど、
保温性のあるもので、
ケース内を覆ってあげましょう。

冬場は特に室温に注意してください。

インコのペローシス(腱はずれ)について。雛なら矯正可能!

  • 生まれつき両足が開脚状態で起立できないのを、
    ペローシス(腱はずれ)といいます。
  • 骨が固まる前の生後1ヶ月以内のヒナなら矯正可能。
  • 成鳥は手術などの方法があります。
  • 病状や個体差があります。自己判断、治療は禁物。
    必ず獣医に診せましょう。

ペローシス(腱はずれ)は、
実は意外と多い病気。

早期に適切な処置をすれば、
日常生活には支障の無い程度まで、
回復できるので、
諦めずに治療してあげてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする