インコの冬の水浴びについて。ぬるま湯は危険!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

冬場でも水浴びが大好きなインコは水浴びをします。
インコの冬の水浴びについて。ぬるま湯は危険!
自分からするのであれば問題ありませんが、飼い主さんは水浴びの環境と、水浴びの後に注意するポイントがあります。

ここでは、冬場の水浴びで特に気をつけておきたいことをまとめました。

2017/4/28更新

スポンサードリンク

冬場の水浴びと注意点

冬場の水浴びは水温だけでなく、室温や水浴び後の管理にも最新の注意を払う必要があります。

冬場の水浴びは大丈夫!

インコちゃんが自分から、水浴びをするのであれば全く問題ありません。

人間のほうから、無理やり水をかけたりするのは絶対にやめましょう。

ぬるま湯でやるのは危険!

インコの羽根から水をはじく油が分泌されています。

その成分はぬるま湯につける溶け出してしまいます。

その結果、水が羽根を浸透し体の中までぬらしてしまい、乾きにくくなるため風邪の原因になります。

それが原因で落鳥してしまうこともあるため、ぬるま湯での水浴びは絶対にやめましょう。

こちらにも詳細を記載していますので、水浴びをさせる前にお読みください。
■インコや文鳥の水浴びはいつから?温度や時間、注意点まとめ

スポンサードリンク

水浴び後はしっかり乾燥を!

インコの冬の水浴びについて。ぬるま湯は危険!
(画像提供:なぎ様)

水浴び後は、乾くまで寒いところに連れていったり、冷たい隙間風が当たらないようにしましょう。

水浴びした時より寒くならないように。部屋の気温に気を付けましょう。

水浴び後早く乾くように、ドライヤーをかけてあげるのは問題ありません。

1m以上はなれたところから温風をかけてあげてください。

1m以内はインコにとって熱風です。

火傷の原因になるので必ず距離を離してかけましょう。

インコの冬の水浴びについて。ぬるま湯は危険!

  • インコちゃんが望むなら、冬の水浴びはOK!
  • ぬるま湯は厳禁!
  • ぬるま湯は鳥の羽根の油分を落とし体調を崩す原因に。
  • 水浴び後はそれ以上寒くならないように、周囲の気温に配慮を。
  • 乾かすときは、遠くから優しく温風をかけてください。

インコの水浴びはあくまでインコちゃんの希望で行いましょう。

水浴びが好きな子そうでもない子など個体差があるので、無理を絶対させないようにしてください。

ぬるま湯は厳禁!

完全に乾くまでは、部屋の温度にも気を配ってあげてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする