オカメインコの寿命を延ばす3つの方法!ルチノーやアルビノにも効果あり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

オカメインコの平均寿命は大体20年前後といわれています。
オカメインコの寿命を延ばす3つの方法!ルチノーやアルビノにも効果あり!
できることなら、愛鳥も平均寿命以上は生きて欲しいもの。

オカメインコの平均寿命を伸ばすポイントをまとめてみました。

他の鳥さんにも当てはまるので参考にしてみてください。

2017/5/14更新

スポンサードリンク

オカメインコの寿命を延ばす3つの方法

オカメインコの寿命を延ばすためには、餌と水がしっかりされているのは大切ですが、それだけでは不十分です。

適切な健康管理と飼い主さんとのふれあいで心身ともに健康に長生きできるようになります。

・食生活のバランス

・定期的な健康診断

・飼い主さんとの濃密な日々

これら3点が不可欠です。

順に解説していきます。

1:食生活のバランス

オカメインコの寿命を延ばす3つの方法!ルチノーやアルビノにも効果あり!

シードやペレットだけでなく、野菜を毎日与えることが大切です。

糖分過多にならない程度に、つめの先程度のフルーツを週一回ほどあげるのも効果的。

※糖分過多になると肥満や病気の原因になります。

シードも実のしっかり詰まった良質なものを選んで与えるようにしてください。

食生活の詳細はこちらもご覧下さい。
■オカメインコの餌の量と配合、野菜について。脂質の高いものは控えめに!

2:定期的な健康診断

インコは病気を隠す本能がある生き物です。

体調が悪いのが表面にでるような時期は、病気や不調が悪化していることが実は多いのです。

できれば半年に1回、最低でも年1回は健康診断を受けさせましょう。

全身チェック、そのう検査、フンの検査を、しておきたいものです。

そのほか、「餌の減りが悪い」「隅でうずくまっている」「羽根が多く抜け出した(生えてくるのが遅い)」など、いつもと違うことがあれば、様子見をせずにすぐに病院につれていくようにしてください。

様子見をするとたいていの場合は悪化、取り返しのつかないことになりやすいです。

医療費用などに関しては、こちらもお読みください。
■インコの飼育費用、入院、検査などにかかる費用まとめ

3:飼い主さんとの濃密な日々

これが一番大切です。

オカメインコはとても寂しがりやで人間が大好き。

スポンサードリンク

どんなに身体が健康でも、心が健康でなければ長生きできません。

声をかけ、手に乗せて、触れ合う時間を毎日少しでも作ることが心身ともに健康的なインコを育てます。

大事なのは、何年生きたかではなく何年大事な時間を愛鳥と一緒に過ごせたかと思える事だと思います。

オカメインコの寿命を延ばす3つの方法!ルチノーやアルビノにも効果あり!

オカメインコの寿命を延ばす3つの方法!ルチノーやアルビノにも効果あり!まとめ

・オカメインコの寿命を延ばす3つの方法。
・1:食生活を見直す。
・2:定期的な健康診断。
・3:飼い主さんとの濃密なふれあい。

食事と、健康、衛生管理に気をつければインコは長生きするでしょう。

しかしそれだけでは長生きであって、幸せかどうかはわかりません。

折角、縁があって、家族になった愛鳥。

毎日のお世話の中で濃密な時間を共有することが、幸せで長生きさせるポイントです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする