インコの病気時の介護と保温、温度管理のコツとやってはいけないこと!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

愛鳥が体調を崩したとき、
または、今後万一のことを考え、
知識をつけておくことは、
とても大切です。
インコの病気時の介護と保温、温度管理のコツとやってはいけないこと!
インコの介護時のポイント、
保温と温度管理のコツ、
やってはいけないことを、
まとめました。

(画像提供:なぎ様)

スポンサードリンク

用意しておきたいもの

インコの介護に、
用意しておきたいものとして、
インコの病気時の介護
・ガラス水槽/
プラケースMサイズ~(鳥の種類で調整)
・ヒーター
・サーモスタット
・温度計
・ペットシーツ

があげられます。

ケース上半分には、
タオルなどをかけ、
暗くして安静な、
環境を作りましょう。

スポンサードリンク

他、病鳥保温の場合は、
29度~30度とやや高めの、
温度設定が望ましいです。

詳細↓
■インコ冬の保温と温度管理方法。パネルヒーターは使える?うまく暖めるコツ!

注意!やってはいけないこと!

保温するために、
加湿器まで、
入れてしまうのは、
実は非常に危険です。

鳥は、室内の温度35℃、
湿度80%になってしまうと、
体温調整が出来なくなってしまい、
熱中症のような症状が、
起こってしまう、
可能性があります。

また、湿度が上がることで、
病気の元だった、
カビや細菌の、
活動が活発化し、
症状が悪化することも。

特にヒナは、
水分の多い餌と、
フンをします。

保温の必要はあっても、
加湿する必要は、
ありません。
(※症例、医師の指示により、
異なります)

インコの病気時の介護と保温、温度管理のコツとやってはいけないこと!まとめ

・万一に備え、
インコが元気なときに、
介護用品を揃えておこう。
・介護時の保温はやや高めに。
・加湿は病気の、
悪化を招くことも。

いざとなると、
とてもあわてる、
インコの介護。

必要になる前に、
理想はお迎え前に、
介護用品は予め、
揃えておきたいものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする