注意!化粧をしたままインコと触れ合うと、化粧品中毒の危険!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

仕事から帰ってきて愛鳥に癒してもらう、至福のひと時。
注意!化粧をしたままインコと触れ合うと、化粧品中毒の危険!
しかし、気をつけないと、愛鳥の命を脅かすことが起こります。

今回は、インコの化粧品中毒についてです。

スポンサードリンク

注意!インコの化粧品中毒

インコは化学薬品の類には非常に弱く、中毒を起こしやすい生き物。

普段女性が身近に接している「化粧品」も化学薬品が含まれています。
インコ 化粧品
化粧をして仕事や外出をした飼い主さんが帰宅し、そのまま愛鳥とふれあい。

飼い主さんの頬にキスをした、インコの口から体内に化粧品が入り、 中毒を起こすことがまれにあります。

愛鳥とのふれあいの前には、化粧を落とす、または化粧している場所(頬など)にキスをさせないことを心がけましょう。

たとえ自然由来成分の化粧品でも、念を入れて対策をとりましょう。

他にも、テーブルに、つい置きっぱなしにしていたリップクリームを、かじって中毒を起こした例が報告されています。

スポンサードリンク

中毒を疑うときは

インコ 化粧品中毒
インコの歩き方、飛び方がおかしい、呼吸が速くなった、フンの様子がいつもと違うなど様子がおかしいことがあれば、すぐに病院へ連れて行ってください。

自然治癒することはほとんどないと思ってください!

最悪、突然死する場合もあります。
インコ/小鳥の突然死の死因・原因と病気。雛は特に注意を。

注意!化粧をしたままインコと触れ合うと、化粧品中毒の危険!まとめ

・化粧をしたまま、インコとのふれあいは化粧品中毒の危険が!
・化粧をした肌をインコになめさせない、化粧を落としてから触れ合うなどの対策を。
・愛鳥の様子が、おかしいと感じたら様子見をせず、すぐ病院へ!

女性にとって化粧品は毎日使う身近なもの。

身近だからこそ、危険性を感じないということも多いのです。

愛鳥と接するときは面倒でも化粧を落としておく、周囲には化粧品をおかないなど対策をとりましょう。

インコの薬品に対する感受性の高さに、危機感を持って接して欲しいと思います

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする