インコをペットホテルに預ける際の注意点(ストレスなど)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

インコとの暮らしは、
旅行や長期不在がなかなかできません。
しかし、どうしても行かなければ、
行けないときがでてくるでしょう。
インコをペットホテルに預ける際の注意点
そのときに利用するのが、
ペットホテル。

しかし、インコには、
ストレスをかけてしまいます。

ペットホテルを利用する際の、
注意点
を挙げました。

スポンサードリンク

インコをペットホテルに預ける際の不安材料

1:環境変化による不調

インコをペットホテルに預ける場合、
以下のリスクがあります。

・環境変化によるストレス、食欲低下。
・パニックでケガをする可能性。

特に環境変化によるストレスは、
多くのインコが経験します。

お世話をする人も、
環境も変わるので、
食欲不振から体調を、
崩す可能性があります。

2:ペットホテルには犬猫がいる可能性

インコをペットホテル
ペットホテルは鳥だけでなく、
犬、猫などもいます。

鳥は犬猫より力が弱く、
鳥にとって、
犬猫は脅威に映ります。

例え、ホテル側で、
犬猫の姿が見えないように、
配慮されていても、
声やにおいで、
ストレスになります。

3:とっさの対応

インコは犬や猫に比べ、
パニックを起こしやすい動物。

パニックを起こした際のケガなどに、
きちんとした対応を、
してもらえない場合があります。

スポンサードリンク

安心して任せられるか、事前に確認を

ペットホテルのサービスは、
完全に店によるものになります。

完全に鳥だけの部屋で、
放鳥までお世話してくれる、
ペットホテルもあれば、
餌や水、敷き紙交換などの、
最低のお世話しか、
しないところもあります。

事前にペットホテルに確認をして、
どこまでお世話可能か、
スタッフが鳥についての知識や、
理解がどこまであるか、
把握しておきましょう。

他の宿泊施設を考える

インコをペットホテル
かかりつけの動物病院で、
ペットホテルのようなシステムがあれば、
万一のことがあっても、
病院ですので安心です。

かかりつけですから、
完全に知らない環境、人ではないため、
ストレスも軽減されます。

家に来てもらうペットシッターや、
友人や知人に預ける方法もあります。

インコをペットホテルに預けるのはストレスが大きい!まとめ

・知らない環境だとストレスやパニックの元に。
・ペットホテルには犬猫や他の小動物もいる。
・犬猫に比べ鳥の知識に精通していない、
ホテルスタッフが多い。
・かかりつけの獣医や、
友人に預ける方法も視野に。

インコをペットホテルに預ける場合、
事前にペットホテルを、
しっかりリサーチしておく必要があります。

また、少しでも環境変化を和らげるため、
ケージにかけるカバーや、餌は、
持参しておきましょう。

どうしてもパニックが不安な場合は、
早めにカバーをかけて、
寝かせてもらうのも、
ひとつの方法です。

※ペットホテルを預ける前に、
やって欲しいことを、
まとめました。
■インコをペットホテルに預ける前に飼い主がやっておく2つの事。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする