オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

インコをお迎えしたい!と思った人たちが、
まず気になるのは、お迎えしたいインコの値段。
オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
犬猫ほど普及していないため種類によってはとても高い価格のインコも。

平均的な価格をまとめてみました。

※価格定期調査:2017/3/24更新

スポンサードリンク

種類別 オウム・インコのお迎え価格(値段)

オカメインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
コンパニオンバードとして人気の高い中型インコ。

性格も温厚で、人懐こく、他のインコとも比較的穏やかに過ごせます。

お迎え価格:12.000円(ノーマル)~50.000円(色変わり)
※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■オカメインコの種類とお迎え価格

コザクラインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
別名ラブバード。

その名のとおり飼い主を伴侶とみなし、愛くるしいしぐさを魅せてくれます。

お迎え価格:9.000円(ノーマル)~23.000円(色変わり)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■コザクラインコの種類(色変わり等)とお迎え価格

文鳥

文鳥の性格と魅力。嫉妬まで!?驚くほどなつく癒し系♪
(画像提供:gatag.net様)

小型の鳥で、フィンチ類に属します。

飼い主さんに全身で愛情を示し、時には嫉妬をすることも。

気が強い面があり、異種飼育はやや難しいところもあるので、同時放鳥は避けましょう。

お迎え価格:2.000円(桜文鳥)~13.000円(色変わり)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■文鳥の種類とお迎え価格。桜文鳥は特に丈夫で初心者向き!

マメルリハ

感情表現は豊かですが、静か過ぎず、騒がしすぎずという、小型インコ。

喜怒哀楽がはっきりしていて、ご機嫌モードと不機嫌モードがはっきりしています。

お迎え価格:18.000円~35.000円(ブルーなど)

スポンサードリンク

セキセイインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
古くからインコといえば、セキセイインコというくらい、人気のある小型インコ。

おしゃべりもうまく、様々な羽色があるのが特徴です。

ショーブリードも盛んで、
ショー用は10万円以上する場合も。

お迎え価格:3.500円~10.000円

オキナインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
渋い色合いが人気の中型インコ。

泣き声がやや大きく、防音対策をしたほうが良いでしょう。

性格は全般的に穏やかです。
探究心がやや旺盛なタイプが多いです。

お迎え価格:50.000円(ノーマル)~120.000円(色変わり)

ヨウム

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
グレーの体色に赤い尾羽が特徴。

知能がとても高く、3歳児並の知能と、受け答えが可能です。

反面、繊細なタイプが多く、
環境や飼い主の接し方の変化で、
毛引き症を引き起こしやすいです。

2017年からサイテス1類になり、お迎え価格が高騰していくと思われます。

お迎え価格:200.000円~350.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ヨウムの知能は5歳児並!アレックスの動画と最後の言葉は感動

モモイロインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
陽気で明るく、ラテン系な性格が多いです。

好奇心が旺盛で、遊び好き。

ケージにはいつもおもちゃを入れましょう。

お迎え価格:300.000円~450.000円
※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■モモイロインコの性格/寿命/価格/性別の見分け方

コンゴウインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
動物園にいる大きな鳥といったらコンゴウインコ系を連想する人が多いでしょう。

ルリコンゴウインコ、ベニコンゴウインコ、ヒメコンゴウインコ、スミレコンゴウインコなどがいます。

大型インコで噛む力、鳴き声も大きく、防音対策が必須です。

甘え好きが多く、愛好家がとても多いです。
お迎え価格:400.000円~600.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ルリコンゴウインコの性格と特徴、魅力について。
■ヒメコンゴウインコの性格、寿命、鳴き声について。動画有!

白色オウム

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
キバタン、オオバタン、タイハクオウム、シロビタイムジオウム、テンジクバタンなどがこの種類に該当します。

犬のようにベッタベタに、懐く子が多いのが特徴。

価格は非常に高く、繁殖している海外/国内ブリーダーからの入手が主になります。

また、寿命も50年以上~と長いので一生のお付き合いになります。

お迎え価格:350.000円~1200.000円

※詳細はこちらもどうぞ↓
■キバタン/コバタン/オオバタン等の特徴・価格・鳴き声まとめ

お迎えを検討するとき考えておくべきこと

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
1.インコ/オウムは長寿命。
家族旅行などが制限されます。
一生のお付き合いとして、
迎え入れる覚悟はできていますか?
2.雄叫びや大声で鳴く種類や個体もいます。
防音設備は問題ないですか?
3.一日最低1回30分はケージから出して、
運動させないとストレスがたまります。

毎日放鳥してあげられますか?
4.インコは自分で掃除ができません。
毎日ケージの掃除や餌の交換ができますか?
5.インコも病気や怪我をします。
病気や怪我をしたとき、
適切な治療をさせてあげられますか?

インコやオウムを飼育するためには、上記の条件は必須項目としてクリアして欲しいです。

迎えてから「こんなはずじゃなかった」と、後悔が絶対ないように家族で話し合いを重ねてください。

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ

代表的なコンパニオンバードたちのお迎え価格を紹介してみました。

大型オウムになると繁殖環境が限られるため、かなり高額になります。

生態代に加え、備品や、維持費もかかるため、インコとの生活は、一生のお付き合いになります。

しかし、インコとの生活は、あなたに新しい刺激と幸せを絶対にもたらしてくれるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする