オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

インコをお迎えしたい!と思った人たちが、まず気になるのは、お迎えしたいインコの値段。
オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
犬猫ほど普及していないため種類によってはとても高い価格のインコも。

平均的な価格をまとめてみました。

※価格定期調査:2017/7/27更新
※2017/7/27情報更新

スポンサードリンク

種類別 オウム・インコのお迎え価格(値段)

インコやオウムはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や性格、お迎えに必要な値段も違います。

姿形の美しさを求めるのか、おしゃべりやコミュニケーション能力をもとめるのかなどで、鳥に何を求めるかでも選ぶ鳥はかわってきます。

また、住環境によっては、値段だけでなく、鳴き声の大きさや性格なども選ぶ上で重要な要素となります。

【鳴き声を重視したい!】
■鳴き声の静かな/小さなインコ一覧!賃貸でも飼えます!

【性格を重視したい!】
■インコの種類でみる性格の比較一覧 おとなしい、荒い種類など!

小型インコ・フィンチ

文鳥やセキセイインコといった小さなインコがこの種類です。

ペットショップでも良く見かけて飼育も難しくはありません。

しかし、体が小さい分、ストレスをうけたり、体調を崩しやすい面があるので注意しましょう。

セキセイインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
古くからインコといえば、セキセイインコというくらい、人気のある小型インコ。

おしゃべりもうまく、様々な羽色があるのが特徴です。

ショーブリードも盛んで、ショー用は10万円以上する場合も。

お迎え価格:2.500円~14.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■セキセイインコの雛の飼い方と注意点 これだけは抑えましょう!
■ジャンボセキセイインコの性格、大きさ、体重の比較まとめ
■失敗しないセキセイインコの飼い方、雛選びの3つのポイント!
■セキセイインコの噛み癖のしつけ方!雛・中雛にもおすすめ!

文鳥

文鳥の性格と魅力。嫉妬まで!?驚くほどなつく癒し系♪
(画像提供:gatag.net様)

小型の鳥で、フィンチ類に属します。

飼い主さんに全身で愛情を示し、時には嫉妬をすることも。

気が強い面があり、異種飼育はやや難しいところもあるので、同時放鳥は避けましょう。

お迎え価格:2.500円(桜文鳥)~12.000円(色変わり)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■文鳥の飼育方法・飼い方/性格/寿命/値段/特徴について
■文鳥の種類とお迎え価格。桜文鳥は特に丈夫で初心者向き!
■文鳥の性格と魅力。嫉妬まで!?驚くほどなつく癒し系♪

マメルリハ

マメルリハの飼育・飼い方/性格/特徴/値段・価格/寿命について
感情表現は豊かですが、静か過ぎず、騒がしすぎずという、小型インコ。

喜怒哀楽がはっきりしていて、ご機嫌モードと不機嫌モードがはっきりしています。

お迎え価格:18.000円~35.000円(ブルーなど)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■マメルリハの飼育・飼い方/性格/特徴/値段・価格/寿命について

サザナミインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ

大人しくおっとりした性格で人気急上昇のコンパニオンバード。

濃いめの羽色が特徴で、カラーバリエーションも豊富です。

お迎え価格:21.000円~55.000円(色変わりなど)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■サザナミインコの飼育・飼い方/性格/特徴/値段・価格について

中型インコ

オカメインコやコザクラインコなど、コミュニケーションを主とするコンパニオンバードたちが多いです。

昔は入手も困難でお金持ちの鳥というイメージでしたが、近年では繁殖も確立され、春や秋の繁殖シーズンにかわいい雛がペットショップに流通するようになりました。

オカメインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
コンパニオンバードとして人気の高い中型インコ。

性格も温厚で、人懐こく、他のインコとも比較的穏やかに過ごせます。

お迎え価格:12.000円(ノーマル)~90.000円(色変わり)
※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■オカメインコの種類とお迎え価格
■オカメインコのオスメスの見分け方と特徴 ノーマル ルチノー パール他
■オカメインコの飼育方法・飼い方まとめ 雛は温度管理が大切!

コザクラインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
別名ラブバード。

その名のとおり飼い主を伴侶とみなし、愛くるしいしぐさを魅せてくれます。

噛み癖は放置すると怪我に発展するので、早いうちにしつけをする必要があります。

お迎え価格:9.000円(ノーマル)~23.000円(色変わり)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■コザクラインコの種類(色変わり等)とお迎え価格
■コザクラインコの雛の餌の量と餌の切り替えのコツ!
■コザクラインコの噛み癖の矯正、治し方。
■コザクラインコの餌の量とシードの配合、野菜についての3つのポイント

ボタンインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
コザクラインコとともに「ラブバード」という別名があるインコです。

目の周りの白いリングが特徴です。

飼い主には愛情深い反面、他の鳥にはきつい性格なので、多頭飼いは相性をよくみて行いましょう。

お迎え価格:12.000円(ノーマル)~25.000円(色変わり)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ボタンインコの飼育方法・飼い方/性格/寿命/値段/特徴まとめ

アキクサインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
コミュニケーションより、1羽でさえずるのが好きなタイプの美しいインコです。

飼い主さんの隣にそっと寄り添い、心地よい鳴き声を披露してくれます。

お迎え価格:15.000円(ノーマル)~30.000円(色変わり)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■アキクサインコの種類、性格とお迎え価格。カキカキはちょっと苦手な癒し系!
■アキクサインコの鳴き声やおしゃべりについて。控えめで集合住宅にも。

スポンサードリンク

ゴシキセイガイインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
大変人懐こく、ボール遊びやダンスなどさまざまな表情が魅力のインコです。

ローリー・ロリキート系に分類されるインコです。

他のインコとは食性が全く違い、ローリー・ロリキート専用のパウダーフードを水に溶かしたものが主食です。

消化能力が非常に高く、常に餌を食べられる状態にする必要があります。

お迎え価格:80.000円~130.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ゴシキセイガイインコの餌は専用フードを。ペレットと注意点。
■ゴシキセイガイインコの性格、寿命とお迎え価格(値段)亜種が多く可愛い♪

ワカケホンセイインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
東京を中心に日本各地で野生化した個体がみられるインコです。

やや気性が荒い面がありますが、じっくり付き合いたいという人に人気があります。

お迎え価格:20.000円~43.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ワカケホンセイインコの飼い方/性格/値段/特徴について。

ダルマインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
おしゃべり好きで好奇心旺盛、陽気で一緒にいるだけで楽しくなるインコです。

飼い主さんとの密なコミュニケーションを求めます。

沢山遊んであげられる人に向くインコです。

鳴き声は広範囲に響くような声なので、防音対策が必要です。

お迎え価格:120.000円(ノーマル)~180.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ダルマインコの飼育/性格/特徴/値段・価格/寿命について

ビセイインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
おしゃべり好きで好奇心旺盛、陽気で一緒にいるだけで楽しくなるインコです。

飼い主さんとの密なコミュニケーションを求めます。

沢山遊んであげられる人に向くインコです。

鳴き声は広範囲に響くような声なので、防音対策が必要です。

お迎え価格:120.000円(ノーマル)~180.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ビセイインコの鳴き声/飼い方/性格/特徴/価格/寿命について

オキナインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
渋い色合いが人気の中型インコ。

泣き声がやや大きく、防音対策をしたほうが良いでしょう。

性格は全般的に穏やかです。
探究心がやや旺盛なタイプが多く、自己主張はしっかりします。

お迎え価格:50.000円(ノーマル)~120.000円(色変わり)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■オキナインコのオスメスの性格と性別の見分け方
■オキナインコの性格、飼い方とお迎え価格。

オトメズグロインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
カラフルな色合いと明るい性格が人気の中型インコ。

食性が他のインコと全く違うので、お迎え前にしっかり知識と準備をしておきましょう。

餌を切らさないように、ショップに定期購入を頼んでおくのをおすすめします。

お迎え価格:120.000円(ノーマル)~230.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■オトメズグロインコの飼い方/価格・値段/寿命/性格/特徴

大型インコ・オウム

全長30センチ前後の大きな鳥たちです。

動物園や植物園でみかけるような鳥ばかりですが、最近では個人で飼育する愛好家がとても増えました。

知能が非常に高く、人の声真似や、言葉の意味をある程度理解してコミュニケーションをとることができます。

ヨウム

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
グレーの体色に赤い尾羽が特徴。

知能がとても高く、3歳児並の知能と、受け答えが可能です。

反面、繊細なタイプが多く、
環境や飼い主の接し方の変化で、
毛引き症を引き起こしやすいです。

2017年からサイテス1類になり、お迎え価格が高騰していくと思われます。

お迎え価格:200.000円~350.000円
(2019年~2020年にかけて600.000円~になると予想されます)

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ヨウムの飼い方/飼育方法と注意点。神経質でストレスに注意!
■ヨウムの知能は5歳児並!アレックスの動画と最後の言葉は感動
■ヨウムの反抗期の時期はいつ?対処法と詳細まとめ
■ヨウムの飲み水はカルシウム豊富な“硬水”が最適!
■ヨウムの噛み癖のしつけ方/しつけ方法 噛みつく状況から判断を!

モモイロインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
陽気で明るく、ラテン系な性格が多いです。

好奇心が旺盛で、遊び好き。

ケージにはいつもおもちゃを入れましょう。

比較的大人しい種類ですが、集合住宅での飼育は防音対策が必須です。

お迎え価格:350.000円~500.000円
※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■モモイロインコの飼い方と特徴、注意点。おしゃべりなど。
■モモイロインコの性格/寿命/価格/性別の見分け方

オニオオハシ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
大きなくちばしが特徴の熱帯の鳥としてコンゴウインコ並みに印象的な鳥です。

くちばしは実はスポンジのように軽く、体温調節の役目を果たしています。

驚かされると心臓発作を起こすこともある繊細な鳥です。
お迎え価格:300.000円~450.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■オニオオハシの飼育/特徴/性格/値段・価格/寿命について

ルリコンゴウインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
動物園にいる大きな鳥といったらコンゴウインコ系を連想する人が多いでしょう。

その中でもルリコンゴウインコは入手がしやすい鳥です。

大型インコで噛む力、鳴き声も大きく、防音対策が必須なので、飼育難易度は非常に高い鳥となっています。

動物園で飼育されているのがほとんどで、ペットとして一般家庭に普及してきたのはここ数年です。

甘え好きが多く、愛好家がとても多いです。
お迎え価格:350.000円~500.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ルリコンゴウインコの飼育/飼い方、しつけ、食性について
■ルリコンゴウインコの性格と特徴、魅力について。

ベニコンゴウインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ

ルリコンゴウインコにならんで人気のあるコンゴウインコです。

ルリコンゴウインコより一回りほど大きいです。

噛む力、鳴き声も大きく、一般家庭で飼育をする場合はしっかりした対策を行いましょう。

寿命も非常に長いので一生のお付き合いを覚悟する必要があります。
お迎え価格:600.000円~800.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ベニコンゴウインコの生態/飼い方/性格/特徴/価格/寿命

ヒメコンゴウインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
ヒメコンゴウインコはコンゴウインコの中でも特に飼い主に対してオンリーワンな傾向があるといわれています。

しらない人の前ではシャイですが、家族には全身を使って愛情表現をしてくるインコです。

そのため、濃厚なコミュニケーションを求めるので、インコと常に一緒にいたい、遊べる時間がたっぷり取れる人におすすめです。

お迎え価格:400.000円~600.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■ヒメコンゴウインコの性格、寿命、鳴き声について。動画有!

スミレコンゴウインコ

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ

野生の数が少なく、繁殖数も少ないため、非常に貴重なインコです。

価格も非常に高く、世界一高いインコとも言われています。

性格は陽気でフレンドリー、大きな頭が愛嬌があってかわいいです^^

お迎え価格:4000.000円~9000.000円

※詳細はこちらもあわせてどうぞ。
■スミレコンゴウインコの飼い方/性格/特徴/価格/寿命について

白色オウム

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
キバタン、オオバタン、タイハクオウム、シロビタイムジオウム、テンジクバタンなどがこの種類に該当します。

犬のようにベッタベタに、懐く子が多いのが特徴。

価格は非常に高く、繁殖している海外/国内ブリーダーからの入手が主になります。

また、寿命も50年以上~と長いので一生のお付き合いになります。

お迎え価格:400.000円~1200.000円

※詳細はこちらもどうぞ↓
■タイハクオウムの飼い方と注意点。雄叫びの防音は必須!
■キバタン/コバタン/オオバタン等の特徴・価格・鳴き声まとめ

お迎えを検討するとき考えておくべきこと

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ
1.インコ/オウムは長寿命。
家族旅行などが制限されます。
一生のお付き合いとして、迎え入れる覚悟はできていますか?

2.雄叫びや大声で鳴く種類や個体もいます。
防音設備は問題ないですか?
特に大型鳥の雄叫びは「騒音」です。

■大型インコ/オウムの防音対策とおすすめケージ!

3.一日最低1回30分はケージから出して、運動させないとストレスがたまります。
毎日放鳥してあげられますか?

4.インコは自分で掃除ができません。
毎日ケージの掃除や餌の交換ができますか?

5.インコも病気や怪我をします。
病気や怪我をしたとき、適切な治療をさせてあげられますか?

6.お金がかかるのは飼い始めだけではありません。
餌代、用具代、医療費など、多くのお金がかかります。

インコ自体の値段の何倍もかかることも珍しくありません。
費用を惜しまずに出してあげられますか?

インコの飼育費用、入院、検査などにかかる費用まとめ

インコやオウムを飼育するためには、上記の条件は必須項目としてクリアして欲しいです。

迎えてから「こんなはずじゃなかった」と、後悔が絶対ないように家族で話し合いを重ねてください。

オウム・インコの種類別の値段(お迎え価格)の相場まとめ

  • オウム、インコは鳴き声、大きさ、色など多くの種類がいます。
  • 鳴き声や大きさ、性格など、より自分のライフスタイルにあった鳥を選びましょう。
  • 一生を責任もって愛情面と資金面(飼育費用、医療費用)を惜しみなく与えてあげられるか、しっかり考えてお迎えしてください。

代表的なコンパニオンバードたちのお迎え価格を紹介してみました。

大型オウムになると繁殖環境が限られるため、かなり高額になります。

生態代に加え、備品や、維持費もかかるため、インコとの生活は、一生のお付き合いになります。

しかし、インコとの生活は、あなたに新しい刺激と幸せを絶対にもたらしてくれるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする