文鳥の種類とお迎え価格。桜文鳥は特に丈夫で初心者向き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

愛らしい声、可愛いしぐさ、
そしてちょっぴり気が強い。

沢山の魅力をその小さな体に、
凝縮した小鳥、文鳥。
文鳥の種類とお迎え価格。桜文鳥は特に丈夫で初心者向き!
今回は文鳥の種類とお迎え価格を、
まとめてみました。

お迎えを考えている人へ、
参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

文鳥の種類とお迎え価格

☆桜文鳥

文鳥の種類とお迎え価格。桜文鳥は特に丈夫で初心者向き!
原種に近く、
色素がはっきりしている種類。

比較的丈夫で、初めて小鳥を、
飼う人にもおすすめです。
(飼育前に、
基礎知識はしっかり学びましょう!)

お迎え価格:2.000円~3.500円

☆白文鳥

白文鳥
原種や桜文鳥同士のかけあわせから、
突然変異で生まれた品種です。

色素はしっかり持っているため、
(黒目である)体質も丈夫です。

体が真っ白で、目が赤い品種を、
「アルビノ文鳥」と呼びます。

こちらはやや体質的に、
弱い一面があります。

お迎え価格:2.500円~3.500円

☆シナモン文鳥

シナモン文鳥
メラニン色素の一部を欠く個体です。

色素が足りないため、
長時間の日光浴で、
体調を崩す場合があります。

日光浴は、影を作り、
一日10分ほどが良いでしょう。

お迎え価格:5.000円~8.000円

スポンサードリンク

☆シルバー文鳥

シルバー文鳥
こちらも色素の一部を欠く個体です。

シナモン文鳥と同じく、
体質的にやや弱いので、
日光浴は短めにしましょう。

お迎え価格:5.000円~8.000円

その他

※品種として確立されているか、
定かでないものもあります。

アゲイト文鳥

胴体が桜文鳥のように濃く、
頭と尾羽がシナモン的な、
色合いを出す固体です。

体質的に虚弱であることが多いようです。

クリーム文鳥

シナモンより淡い色合いを、
だしている個体です。
品種として確立しつつあります。

体質的に虚弱な子が多いです。

文鳥の種類とお迎え価格。桜文鳥は特に丈夫で初心者向き!まとめ

・品種として固定されているのは基本4種。
・桜文鳥、白文鳥は比較的丈夫。
・色素の薄い種類は、体質が、
やや弱い傾向。

鳥をはじめて飼う人、
文鳥にコミュニケーションや、
癒しを求めるのであれば、
濃い色合いの個体が丈夫でおすすめです。

これを読んで、文鳥の魅力や、
色素について理解を深めていただければ、
うれしく思います!

性格や魅力、
飼い方はこちらをどうぞ!
■文鳥の性格と魅力。嫉妬まで!?驚くほどなつく癒し系♪
★手乗り文鳥の飼い方、飼い主になつく遊び方まとめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする