オカメインコの餌の量と配合、野菜について。脂質の高いものは控えめに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

オカメインコは、
意外に好き嫌いが、
激しい子が多いです。
オカメインコ 飼い方
脂質の高いシードを、
好む傾向にあるので、
可愛いからと与えていると、
すぐ太ってしまいます。

オカメインコの主食と野菜、
副食についてまとめてみました。

スポンサードリンク

主食とおやつのバランス

オカメインコは、
粟・ヒエ・キビ・
カナリーシードなどが、
主食
になります。

ホームセンターなどに行けば、
「オカメインコor中型インコの餌」が、
売られていますので、
そちらを買えばOKです。

脂質の高いシードは控えめに!

オカメインコ 餌
(画像提供:立川様)

ここで注意したいのが、
ひまわりの種や、
麻の実の含有量。

食いつきを良くするために、
ひまわりの種、麻の実といった、
脂質の高いシードが、
多く含まれているものもあります。

しかも嗜好性がとても高く、
オカメちゃんは大好き。

欲しがるからと、
あげ続けていると、
あっという間に太ります。

隠れ肥満が多いインコとしても、
有名です。

ヒエ、キビ、粟など、
単体毎に購入し、
飼い主さんのほうで、
混合して与えるのがベストです。

そうすることで、
脂質分のコントロールができます。

ひまわりの種、麻の実は、
ご褒美やおやつ代わりに、
一日2~3粒で十分。

専門ショップなどで、
配合用の餌を、
購入することが可能です。

>>配合飼料、単体飼料

ペレット

雛の一人餌切り替えのころから、
ペレットに慣れている場合、
総合栄養食である、
ペレットもオススメです。

シード食から、
ペレット食への切り替えは、
根気と体重管理が必要です。

また、特定のペレットしか、
食べない場合、
万一の生産終了などに困ります。

複数のペレット、
シード食も食べられるよう、
多くのフードに、
慣らす事をオススメします。

野菜、ビタミン、ミネラル

オカメインコの餌の量と配合、野菜について。脂質の高いものは控えめに!
小松菜や、チンゲンサイ、
ブロッコリーなどの、
緑の濃い野菜を、
日替わりで与えましょう。

痛みやすいので、
朝与えて、昼には、
取り上げるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

「野菜で遊んで食べてない」という、
場合もありますが、
遊びながら、
少しでも口に入れば十分です。

果物は、糖分が多いので、
週に1回、小指の先程度を、
与えるくらいにしましょう。

特別なごほうびに。

また、ボレー粉や、
カトルボーンなどの、
カルシウムも、
しっかり与えましょう。

ビタミンや野菜、ミネラルは、
ボレー粉でメインに採りつつ、
それでも補いきれないビタミンを、
ネクトンで補うのがオススメです。

ネクトンについてはこちら↓
■ネクトンS ネクトンbioの保存方法、使い方/与え方まとめ

オカメインコの餌の量と配合、野菜について。まとめ

・オカメインコの餌はホームセンターで購入できる、
シード食が主食。
・ひまわりの種、麻の実といった脂質の高い餌は、
できれば個別に与えて量を管理。
・緑の濃い野菜、ミネラルをたっぷりと。

オカメインコの餌は、
シードやペレット食がメインですが、
野菜をたっぷり与えることが、
一番大切です。

オカメインコの飼育方法を、
こちらで紹介しているので、
あわせてどうぞ^^
■オカメインコの飼育方法・飼い方まとめ 雛は温度管理が大切!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする