インコのアスペルギルス症 原因、症状、感染経路、治療方法まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

季節の変わり目は、
何かと体調を崩しやすい小鳥たち。
インコのアスペルギルス症 原因、症状、感染経路、治療方法まとめ
急に寒くなってくる11月からは、
特に体調管理に、
気をつけなければいけません。

今回は、カビ(真菌)によって、
発症する、
アスペルギルス症
について、
まとめました。

スポンサードリンク

アスペルギルス症とは

原因と感染経路

この病気は、自然環境中に多く存在する、
「アスペルギルス」という、
カビ(真菌)が、
インコに感染することで発症します。

普段は鳥自身の免疫力があり、
発症までにいたらないケースが多いのですが、
換羽期、環境変化、他の病気、
ストレスなどで免疫力が低下したときに、
発症してしまいます。

インコから人に、
感染することはありません。

症状

インコのアスペルギルス症 原因、症状、感染経路、治療方法まとめ
食欲不振、開口呼吸(口を開けて呼吸すること)、
咳など、呼吸関係に異変がでてきます。

レントゲンなどで、
確定診断されるようです。

治療

感染初期であれば、
抗真菌剤の経口投与、
もしくは注射での、
治療になります。

症状が進むと、
ケージに薬剤を霧状に噴霧する、
「噴霧治療」や、
「ネブライザー(霧状にした薬剤を、
口や鼻から吸収させる装置)」を、
使うことになります。

再発しやすく、
完治までに時間がかかりますが、
呼吸困難が重度にならない限り、
治療の効果は高く見込めます。

アスペルギルス症を予防するには

インコ アスペルギルス症 症状
カビによる感染が、
主な感染経路なので、
ケージ内と鳥の行動範囲を清潔に保ち、
カビを発生させないことが大切
です。

スポンサードリンク

定期的にケージを丸ごと消毒(月1回程度)、
エサ入れ、水入れは予備を購入し、毎日洗浄、
おもちゃなども2~3日おきに消毒をして、
衛生管理に努めることが、
最大の予防
になります。

インコのアスペルギルス症 原因、症状、感染経路、治療方法まとめ

・呼吸不全を引き起こすアスペルギルス症。
・空気中のカビによって感染。
・抵抗力が落ちると発病しやすい。
・治療は薬剤の噴霧、経口投与など。
・インコのケージや飼育用品を定期的に消毒して、
衛生環境に気をつけることで予防可能。

春から夏、秋から冬と、
気温が変わる時期によく、
発症しやすい病気といわれています。

衛生面をきちんとしておけば、
十分防げる病気なので、
飼育用品の消毒、
ケージの丸洗い(月1回ほど)を、
継続し続けましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする