インコで、2羽目を迎える際の注意と多頭飼い、同居方法まとめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

手乗りインコを飼っていると「一羽で寂しくないのかな?」、「お友達がいたらきっと寂しくなくなるよね^^」とは誰しも思うこと。
インコで、2羽目を迎える際の注意と多頭飼い、同居方法まとめ。

2羽目のお迎えをする上での注意点やポイントをまとめてみました。

スポンサードリンク

インコは一羽で「寂しい」?

インコ 2羽目 多頭飼い
飼い主さんと触れ合える時間が十分にあるインコは、一羽で飼われていても「寂しい」という感じることはほとんどありません。

たとえ放鳥時間が短めでも、その放鳥時間で飼い主と実りある時間が過ごせていたらインコはそれだけで幸せなのです。

逆にインコ同士仲が良くなって、人間と距離を置いてしまうというケースになる場合もあります。

2羽目の同居は慎重に!

2羽目をお迎えした時、注意することは先住鳥との相性をよくみるということ。

いきなり同じケージに入れるのは絶対にやってはいけません。

いじめられたり、第一印象が元で二度と仲良くなれなくなる可能性もあります。

また、2羽目の子が病気などを持っていた場合、感染のリスクも高まります。

スポンサードリンク

早く仲良くしているところをみたい!という飼い主の気持ちもわかりますが、まずはケージ越しから慣らすようにしましょう。

人への興味が薄くなることもあります。

一羽のときは興味の対象が飼い主さんだったので、ベタ慣れでも、鳥の友達が来たとたん、そちらに興味が向き、飼い主への慣れ具合が悪くなるかもしれません。

最悪の場合、威嚇したり、手乗りが崩れてしまうこともあります。

常にベタ慣れでいてほしい場合は、別々のケージに飼うか、同居前以上にコミュニケーションの時間を増やすように心がけましょう。

体格差のある鳥同士の同居はやめましょう。

オカメインコと文鳥といった、体格差のある鳥同士の同じケージでの同居は、たとえ大人しい性格でも絶対にやめましょう。

大きいほうが軽くじゃれたつもりでも、小さいほうにとっては大怪我になりかねない力加減だったりします。

体格差のある鳥同士は別々のケージで飼育するようにしましょう。

2羽目の同居の方法(一例)

インコ 2羽目 多頭飼い
【1】ケージを2台 (先住用&2羽目用) 用意し、お迎え後少なくとも2週間は各ケージで別居させて互いの様子を見ましょう。

※さらにお迎え後の最初の1週間は、別部屋での飼育が防疫の面でもオススメです。

ケージ越しにお互いを気にしているようであれば、片方ずつの放鳥でさらに様子をみます。

【2】2羽目の子が落ち着いてきて、相性も悪くなさそうという状態になったら、そこから少しずつ同居・同時放鳥に移行していきましょう。

だいたいここまでくるのに1ヶ月はかかると思ってください。

【3】また、同居後のお世話は、すべてにおいて先住鳥を優先することを、心がけましょう。

インコで、2羽目を迎える際の注意と同居方法まとめ

  • いきなりの同居は厳禁!
  • まずはケージ越しから様子を観察して、徐々に同時放鳥、同居と慣らしていく。
  • お世話は先住鳥が優先を心がけましょう。

多頭飼いは誰もが夢見ること。

しかし、相性の良くない鳥同士になると、同居そのものがストレスになります。
インコ 2羽目 多頭飼い
しっかり相性を見極めてどうしても相性が良くないようなら、別々での飼育も視野にいれる必要があります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする