インコの冬の過ごし方。保温の温度と寒さ対策まとめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

少しずつ寒さが感じられる季節。
衣替えの時期になりました。
インコの冬の過ごし方。保温の温度と寒さ対策まとめ。
インコは体が小さいため、熱を失うと体調を崩してしまいます。

インコの健康維持管理は保温にあるといっても過言ではありません。

冬の過ごし方、寒さ対策をまとめてみました。

スポンサードリンク

インコの冬の過ごし方

インコの冬の過ごし方。保温の温度と寒さ対策まとめ。

インコは寒さが苦手な生き物です。

特に季節の変わり目は、体調を崩しやすくなります。

お迎えして最初の冬を体験する若鳥や、体力を落としている病鳥や老鳥は特に注意しなければいけません。

体を冷やしたインコは体調を非常に崩しやすくなり、一度体調を崩すと立て直すのが難しいです。

インコが過ごしやすい冬の住環境や保温の方法についてしっかり知っておきましょう。

インコの冬の適温

インコの冬の適正温度は、種類にもよりますが、27~28度前後をキープすると良いでしょう。

種類によっては寒さに強い、弱いということがありますので、鳥種や、個体に応じて加減が必要です。

ただし、どんなインコでも急な温度変化と冷気の隙間風がくる環境は厳禁です。

また、ヒーターを使う時期、はずす時期も非常に重要です。

詳細をこちらにまとめましたので、あわせてチェックしてみてください。
■インコのヒーターはいつからいつまで必要?予備の大切さ。

インコの冬仕様ケージの例

インコ 冬 寒さ対策
植物用のビニルハウスでケージを囲んで保温する方法がコストパフォーマンスも高く、保温効果も高いです。

ビニルハウス、ヒーターで保温するポイントをそれぞれ解説します。

ビニルハウス

ビニルハウスはホームセンターで購入でき、値段も手ごろでオススメです。

ここで注意!
ビニルハウスは新品をすぐに使うと、ビニールの有害物質が出ることがあり、インコには有害!

ビニルハウスは購入後、1~2週間外に干して、ビニールのにおいがしなくなってから使うようにしましょう。

また、全体を密封しては熱がこもりすぎて危険!

前面を開けておくなど、通気穴をあけておく必要があります。

通気穴を作る際は、「左から右」「前から後ろ」というように、風の流れができないようにしましょう。

隙間風になり、体調を崩す原因になります。

どこか一方をあけておくなどをして対策をしましょう。

また、インコがビニルをかじって口にしないように工夫が必要です。

スポンサードリンク

ヒーター

ケージの中にいれるヒーターは、稼動中はとても熱くなります。

インコが直接触れないように、置き場や周囲に工夫しましょう。

室温は最初の冬を体験するヒナや、老鳥は20度、健康で2歳以上の成鳥は15度を下回らないようにしましょう。

また、ヒーターは「ケージ内の空気を暖める」事を目的に選びましょう。

詳しくはこちら↓
■インコ冬の保温と温度管理方法。パネルヒーターは使える?うまく暖めるコツ!

■インコの保温に電気毛布、カイロ、ダンボール、ストーブは使える?

過保護になりすぎないように

インコの冬の過ごし方。保温の温度と寒さ対策まとめ。
大事に飼うあまり、保温をしすぎたり過保護になってしまうと、少しの環境変化やストレスで体調を崩してしまうようなインコに育ってしまう可能性があります。

春先に向けて、少しずつ寒暖に慣らしていって丈夫なインコに育てていきましょう。

そうしていくことで、インコ自身の病気に対する抵抗力も強くなり、健康管理もしやすくなります。

しかし、初めての冬を迎える若鳥や、体調を崩している鳥はしっかり保温してあげましょう。

初めての冬の保温は過保護ではありません。
成長や体作りに必要な保温です。

保温をしすぎないのも大事ですが、寒がっている状態を放置するのは非常に危険です。

インコが寒がっていないか、寒がっている時の行動を把握し、迅速に保温できるように準備しておきましょう。
■インコが寒い時のしぐさについて。ふくらむ状態の放置は危険!

保温器具はお迎え時にそろえておく

冒頭にも書いたように、保温はインコの健康維持には欠かせません。

体調を崩したインコにはまず保温をするのが大切です。

そのため、季節を問わず、インコをお迎えしたときに保温器具を一緒に買っておくことをおすすめします。

体調を崩しても、保温して病院につれていったことで、危機を脱した例もとても多いのです。

【ヒーターの詳細はこちら】
>>インコ用 ペットヒーター

【保温カバーの詳細はこちら】
>>小鳥カゴの防寒カバー(ジッパー付)

保温器具のチェックと予備の準備をしましょう。

インコ 冬 保温器具

毎年使っている保温器具、いつ故障するかわかりません。

真冬の夜に壊れてしまうと、その日一晩ヒーター無しで過ごさなければならなくなり、インコにとっては過酷です。

保温器具がちゃんと動いているかを、毎日寝かせる前に必ずチェックし、夜など、ペットショップが開いていない時間に壊れても大丈夫なように保温器具の予備を準備しておきましょう。

インコのケージ冬仕様あれこれまとめ

  • インコは寒さに弱いので、初めての冬を迎える若鳥や老鳥は保温が必要です。
  • ケージ全体、部屋全体を保温する方法が温度管理もしやすい。
  • 過保護になりすぎないように、少しずつ周囲の寒暖に慣らしていきましょう。

インコの保温は、とても神経を使いますよね。

急に寒くなると体調を崩しやしないか、毎日心配していました。

お迎え後最初の冬はしっかり保温、2年目、3年目で少しずつ、寒さに慣れさせていくのがベストかと思います。

お迎え時に一緒に保温器具をそろえておくことを強くおすすめします!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする