インコとの別れ。死後と埋葬の方法(庭or霊園)について。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

愛鳥との別れは誰にでもやってきます。

インコの死を想像するだけで悲しみで胸がいっぱいになります。
インコとの別れ
愛鳥と出会えたことに感謝し、
虹の橋に渡っていく愛鳥を、気持ちよく送れるよう心の準備をしたいものです。

今回はインコとの別れ。死後と埋葬の方法(庭or霊園)について考えてみましょう。

スポンサードリンク

庭に埋葬する方法

庭がある場合、庭に埋葬する方法もあります。
インコとの別れ
穴の深さは小型インコなら20センチくらい、大型インコなら1mくらいの深さが理想です。

伝染病などの衛生上も考え、(特に病気や、老衰以外の突然死で亡くなった場合)穴の底と周辺に消石灰を敷いておくとなおさら良いでしょう。

公園や空き地など、公共の場に該当する場所への埋葬は法律で禁じられています。

ペット霊園など

庭が無い場合、庭への埋葬がためらわれる場合は、ペット霊園などを利用するのも手です。

スポンサードリンク


なきがらを火葬納骨してくれます。

納骨方法も霊園によって、合同火葬、家族立会い火葬など、色々とプランがありますので飼い主さんで納得できるプランを選びましょう。

合同火葬の場合、お骨は帰ってこない場合がほとんどですので注意しましょう。

また、セキセイインコなどの小型インコの場合、火葬後、お骨がほとんど残らない場合もあります。

※自然を壊さない、ありのままの霊園として人気な霊園があります。
チェックしてみてください。


インコとの別れ。死後と埋葬の方法(庭or霊園)について。まとめ

インコとの別れ。死後と埋葬の方法(庭or霊園)について。

  • 埋葬の場合は穴を深く掘る。
  • 伝染病防止のため、消石灰を撒くと良い。
  • ペット霊園を利用するのもあり。

愛鳥との「今」は、本当に「今」しかありません。

いつかくる別れ。想像すらできないでしょう。

しかし必ず訪れる別れの日を心に留めることで、愛鳥との今をより愛おしく思うことができるのです。

その日がきたら、出会えたことに感謝して送り出してあげましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする