インコの健康診断の内容と費用、日々の健康管理まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

鳥は自分の不調を隠す動物。
一見元気にみえて、
実は体調が悪かったという事も、
しばしばあります。
インコの健康診断の内容と費用、日々の健康管理まとめ
今回は健康診断の内容、費用と、
日々の健康管理についてまとめました。

スポンサードリンク

インコの健康診断の内容と費用

インコの健康診断は、
主にお迎え時(鳥の月齢によっては、環境に慣れてから)、
その後問題なければ季節毎。

最低でも年2回は、
何もなくても、
受けさせてあげたいものです。

健康診断で行われる、
主な内容を挙げてみます。
インコに放鳥は必要!放鳥のポイントと注意点まとめ

そのう検査

そのうとは食道が部分的に拡張し、
餌を一時的に溜めておく器官です。

ここに雑菌や、カビがはえることで、
「そのう炎」などの疾患がでてしまいます。

診断は、専用の器具を使って、
そのう液を採取し、顕微鏡で調べます。

費用はだいたい500円~1000円ほどです。

糞便検査

フンを持ちこんで、検査して貰います。
雑菌などが混じっていた場合、
それに応じた治療が必要になります。

費用は500円~1000円くらいです。

スポンサードリンク

遺伝子検査

一滴に満たない量の血液か、羽毛1~3枚で、
PBFD、BFD、オウム病(クラミジア感染症)などの、
感染有無を診断します。

特にPBFD、BFDは怖い病気なので、
最低でもお迎え時、
年1回は受けさせたい検査です。

費用は、診断する病気にもよりますが、
18000円~28000円ほどです。

PBFDについてはこちらをどうぞ↓
■インコの大敵!PBFDの症状と治療、予防策についてまとめ。

インコの健康管理

インコの健康診断の内容と費用、日々の健康管理まとめ
冒頭でも書いたように、
インコは病気を隠す生き物です。

野生で不調を表に出すと、
たちまち外敵から狙われるため、
そのような習性を持っています。

なので、飼い主が、毎日の生活の中で、
愛鳥のちょっとした変化を、
しっかり見極めなければなりません。

健康管理チェック表

毎日のお世話の中で、
下記に当てはまる項目がひとつでもあれば、
「調子が悪いかも!」と疑いましょう。

・寝ている時間が多い。
・肩でハアハアと息をしている。
・口を半開きにずっとしている。
・呼びかけへの反応が鈍い。
・羽根をふくらませている。
・生あくびが多い。
・目や鼻孔の周りが汚れている。
・排泄孔の周囲が汚れている。
・フンが水っぽい。
・乾いた咳のような声を出す。

その他、いつもと様子が違うと思ったら、
すぐに専門医に相談しましょう。

鳥の不調はすぐに悪化します。
素人判断で、
2~3日様子をみるのは大変危険です!

インコの健康診断の内容と費用、健康管理まとめ

・インコの健康診断は、そのう検査、
糞便検査、遺伝子検査が主。
・最低でも年2回は行いたい。
・毎日のお世話で、
少しでも異状があればすぐ専門医へ。

インコの病気治療は、
早期発見、早期治療が何よりです。

体が小さく、少量の出血で、
致命傷となる動物なので、
素人判断は絶対やめましょう。

鳥をみられる専門医は少ないので、
愛鳥を迎える前に、主治医を探して、
決めておくことも大切
です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする