インコの飼育費用、入院、検査などにかかる費用まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

インコを飼育すると色々な費用が発生します。
インコの飼育費用、入院、検査
インコ生体の費用はもちろん、ケージ、餌、おもちゃなども必要です。

病気になれば治療費も必要ですし、元気な時でも定期検査は受けさせてあげたいですよね。

インコにかかる基本的な費用をまとめてみました。

スポンサードリンク

費用1:インコ生体代

インコの飼育費用、入院、検査などにかかる費用まとめ
インコの値段は、種類によってさまざま。

同じ種類でも購入する店によってかなりの差があります。

ポピュラなーなセキセイインコだと、手乗り雛なら2000円前後、一人餌の中雛なら3500円が目安です。

ほかに、オカメインコなら8000~3万円程度、ボタンインコ/コザクラインコなら1万円前後が目安です。

大型インコのヨウムや、ルリコンゴウインコだと、20~40万円くらいします。

稀にかなり低価格で販売されている場合がありますが、身体的、精神的に問題がある場合があります。

よく確認してお迎えしましょう。

生体費用についてはこちらでも書いていますので参考にしてみて下さい。

■オカメインコの種類とお迎え価格

■大型インコ、オウムの色々な種類と特徴

スポンサードリンク

費用2:設備費用、餌代

インコに必要な費用は次の通りです。

小型、中型、大型で費用はかなり変わります。

初飼育時に買うもの(設備)

☆ケージ:5000円(小型)~50000円(大型)

★えさ入れ、菜差し:1500円前後

☆キャリー:5000円~10000円

★ヒーター:5000円前後

餌など、補充が必要なもの(消耗品)

※ひと月あたりの目安。

☆餌:1000円~5000円
※種類や餌のブランドで大きく変わります。

★おやつ:1000円前後

☆おもちゃ:1000円~10000円
※大型鳥はおもちゃをよく破壊するので費用がかかりがちです。

費用3:病気、怪我の医療費

怪我や病気の医療費は、
突発的にかかる事があります。

その費用は高額であることが多いです。
インコの飼育費用、入院、検査
健康診断だけでも2000円~、フンやそのうの検査で1500円~2500円かかります。

入院や手術が必要になるとかなり高額になります。

手術の内容にもよりますが、
手術代は数万円から数十万円、入院費は1日あたり2000~5000円位が多いようです。

突発な出費に動じないよう、日頃から、万が一の際の費用を貯金しておくと良いでしょう。

インコの飼育費用、入院、検査などにかかる費用まとめ

  • インコの飼育費用、生体費用は事前に把握しておくこと。
  • 急な入院や手術に備えて貯金をしておきましょう。
  • インコの満たされた生活にはおもちゃは欠かせません。

インコとの生活はとても楽しいもの。

犬や猫と比べると低額ですがそれでも費用はかかります。

特に万一の治療費は、犬猫並にかかるケースも少なくないので費用をプールしておくのが望ましいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする