インコと他ペット(犬・猫・鳥・フェレットなど)の同居は注意を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

鳥さんを飼っている人は動物好き。
ですから、インコの他にも、
いろんな動物を飼っている、
もしくは飼いたいという人は、
かなり多いでしょう。
インコ 犬 猫
しかし、同居には注意が必要です。

思わぬ事故にならないよう、
両方の種類の特性や、
性質を見極める必要があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

犬、猫、フェレットとの同居

インコ 同居 犬 猫 フェレット
インコとほかの動物を一緒に飼うとき、
動物の種類や性格によっては、
かなり気をつけなければ行けません。

猫の場合

猫にとって鳥は獲物。
普段や、人のいるところでは仲良くしていても、
何かをきっかけにインコに、
襲いかかることがあるかもしれません。

また、猫にとっては軽くじゃれたつもりでも、
インコにとっては致命傷
になります。

同じ部屋での同居は、
ケージ越しが安全です。

犬の場合

猫と同様、何かをきっかけに、
インコに襲いかかることがあるかもしれません。

フェレットの場合

フェレット
ちょっと前にブームを巻き起こしたフェレット。
元々はイタチ科の動物。
猫と同様、インコは餌に映ります。

ケージ越しでの同居が無難です。
更に言えば、アクリルケージなどで、
覆うほうが良いでしょう。

ケージの針金の隙間から、
手を入れてくる事があります。

放鳥時の事故に注意!

部屋を分けて飼っていた場合でも、
放鳥時、他の動物をケージから出している時は、
注意が必要!

他の部屋にインコが飛んでいったり、
ほかのペットが部屋に入ってくる事で、
事故が起こりえます。

絶対に放鳥部屋以外の部屋に、
行かないように徹底しましょう。

また、家族にも放鳥することを伝え、
間違ってドアを開けたりしないように注意しましょう。

比較的同居しやすいペット

うさぎ、亀、ハムスターは比較的大丈夫

インコ 同居 犬 猫 フェレット
インコにとって比較的安全な動物なのは、
うさぎやハムスター、亀など。

お互いに興味を示す事があまりなく、
比較的同居しやすいです。

しかし、犬や猫と同様、動物ですから、
万一の事故の可能性をしっかり考え、
部屋を分けるか、
対策をとっておくほうが良いでしょう。

特に、ハムスターは意外に、
咬傷事故になりやすいので、
相性を見極めないまま、
お互いを同じ部屋に離すのは、
やめたほうが良いでしょう。

インコと他のペットとの同居まとめ

・犬、猫は事故の可能性が高いので、
同じ部屋での同居は避けるべき。
・例え慣れているようにみえても、何がきっかけで、
襲うかわかりません。
・放鳥中のインコの動向と、
他の動物の行動はしっかり把握しましょう。

違う種類のペットが仲良くしている姿は、
確かにみていて和みますよね。

でも、それをするには飼い主さんの見極めと、
ペット同士の相性、忍耐があります。

むやみに同居させると、事故の元です。
はじめはケージ越しから、
少しずつ慣らしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする