大型インコ、オウムの色々な種類と特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

一口に大型インコ、オウムといっても、
本当に沢山の種類がいます。
大型インコ、オウムの色々な種類と特徴
鳴き声が大きかったり、
色がカラフルだったり、
特徴も様々。

今回は、代表的な大型インコたちと、
特徴、寿命、お迎え費用をまとめてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

大型インコ共通の特徴

お迎え費用と巡り会う機会

大型インコは知能が高く、よくしゃべり、
長生きする種類が多いのが特徴。

しかしお迎え価格は、
20万から300万とかなり高価。
種類によっては入手しにくい事が多いです。

大型のペットショップや専門店で、
根気よく探す必要があります。

おたけびの問題

大型インコは声が大きい種類、個体が多いです。

「雄叫び」という、朝と夕方に、
かなり大きな声を出す種類もいます。

マンションなどの集合住宅はもちろん、
一軒家であっても、防音対策をしないと、
近隣へ迷惑になる事があります。

雄叫びの様子の動画です。

白色オウム類

大型インコ、オウムの色々な種類と特徴
全身が白いオウム全般です。
タイハクオウム、コバタン、
キバタンなどを指します。

知能はとても高いですが、
おしゃべりが苦手な個体が多いようです。

人にかまってもらうのが大好き。

声が大きく、
朝夕に雄叫びをします。

その声量は非常に大きいので、
防音対策は必須
といえます。

声の大きさ:★★★★★
お迎え価格:70万円~90万円
平均寿命:40年~50年

※詳細はこちらもどうぞ↓
■キバタン/コバタン/オオバタン等の特徴・価格・鳴き声まとめ

ヨウム

大型インコ、オウムの色々な種類と特徴
頭がよく、おしゃべりが得意で、
言葉や単語の意味を理解して、
会話ができると言われています。

物真似もうまく、電子音だけでなく、
人の声色も上手にまねます。

声は大型インコの割には小さく、
雄叫びもほとんどありません。
大型インコの中では飼いやすい種類です。

反面、デリケートで、毛引きしやすい鳥としても、
有名です。

※毛引きについてはこちらをどうぞ。
■オウム、インコの毛引き症の原因、治療と対策を考える

声の大きさ:★★☆☆☆
お迎え価格:20万円~28万円
平均寿命:50年~80年

コンゴウインコ

大型インコ類の中でも、特に大きく、
カラフルな種類です。
大型インコ、オウムの色々な種類と特徴
「南国の鳥」といったら、
思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

体表的な種類に、コンゴウインコ、
ルリコンゴウインコ、ベニコンゴウインコ、
ヒメコンゴウインコなどがいます。

嘴がおおきく、噛む力が強いので、
怪我をしないように注意しましょう。

また、声も大きいので、しっかりした飼育環境と設備、
心構えが必要です。

声の大きさ:★★★★☆
お迎え価格:30万円~50万円
平均寿命:50年~80年

モモイロインコ

大型インコ、オウムの色々な種類と特徴
その名の通り、
全身がピンク色の大型インコです。

愛情深く、飼い主との、
スキンシップを好みます。
元気でやんちゃな個体が多いです。

おしゃべりはそこそここなしますが、
流暢にしゃべる個体はやや少なめです。

声の大きさ:★★★☆☆
お迎え価格:30万円~40万円
平均寿命:30年~40年

ボウシインコ

ボウシインコ
((c)Steve Wilson)
緑を基調とした、様々な種類がいます。
陽気で、おしゃべりも得意。
知能も高いです。

やや興奮しやすく、
その際の声は大きいです。
やんちゃな個体も多いです。

種類によって、コンパニオン適正も変わるため、
下調べが大切です。

声の大きさ:★★★☆☆
お迎え価格:30万円~60万円
平均寿命:30年~40年

大型インコの種類と特徴まとめ

大型インコのお迎えは費用も、
準備もかなり必要ですが、

一生のパートナーと言って良いほどの長寿と、
溢れんばかりの愛情を示してくれます。

大型インコのおむかえを考えている方の、
参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする