知っておきましょう!インコにとって有害物質まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

インコが食べてはいけない、有害食物は非常に多いですが、それと同じくらい有害物質も多く、インコを飼うなら知っておかなければいけません。

知っておきましょう!インコにとって有害物質まとめ
知っておかなければ、愛鳥が危険な目に遭うかもしれません。

人間にとって身近でありふれているもので危険なんて思わないものにインコにとって有害なものが多いのです。

2017/5/30更新

スポンサードリンク

インコにとって有害なもの

私たちが日ごろ何気なく目にして使っているものの中に、インコにとって有害なものがとても多いです。

放鳥中にかじって中毒を起こしたり、大怪我をすることも珍しくありません。

インコは人の想像外の遊び方をします。

今一度放鳥スペースのチェックを行ってください。

タバコ

タバコに含まれるニコチンが有害です。
人間にとっても有害物質ですね。

テフロン/フッ素加工のフライパンや調理器具

テフロン加工/フッ素加工のフライパンなどの「焦げ付き防止」に使われている物質、
ポリテトラフルオロエチレンが猛毒。

加熱したフライパンから、有害なガス(=フッ素化合物)が発生し、そのガスで鳥が急死する事があります。

発症すると10分~で死に至る致死性の高い物質です。

インコがいる家庭では調理器具、フライパン選びを慎重に行う必要があります。

※詳しくはこちらをお読み下さい。
■インコに安全なフライパン!テフロン加工/フッ素加工品は危険!

オーブンレンジ

換気せず使い、発生したガスで小鳥が急死した報告があります。

救命する間もなく死に至らしめるので、予防が何より大切になります。

※詳細はこちらをお読み下さい。
■注意喚起!オーブンレンジの使用でインコが急死。フッ素ガス中毒まとめ

亜鉛

カーテンの重りに使われており、放鳥時にかじって、亜鉛中毒になった例が報告されています。

接着剤/ペンキ/シンナー/殺虫剤/ヘアスプレー

鳥のいる部屋で使うと急性中毒になることも。

基本的に化学物質、科学溶剤はインコにとって猛毒です。

線香/蚊取り線香/お香の香り

アロマ効果がある、お香の煙も実は鳥には有毒です。

ビニール/紐類

誤飲すると危険です。

スポンサードリンク

輪ゴム

首や足に絡まると大事故に。

ジェル/ビーズ/ビー玉/ボタン

たまにケージにおもちゃとして入れている人がいます。

誤飲すると体内で膨らんだり、詰まったりして大変なことになります。

観葉植物

口に入れると中毒を引き起こすものがあります。

一覧をまとめましたのでご確認下さい。
身近な植物ばかりで驚かされます。

■インコ/オウム/小鳥に危険な観葉植物一覧!必読!

インコにとって有害物質まとめ

・タバコやテフロン加工のフライパンから出る煙など、空気を汚すものは基本的に有害!
・ビニールや紐は誤飲や思わぬ事故の危険が!
・輪ゴムは首や足に絡まる事故報告あり。
・観葉植物は、中毒の原因にも。

ビニール、フライパン、タバコ・・・。
どれも人間生活には身近にあるものばかり。

しかし、インコにはどれも有害でしかも魅力的なオモチャにみえてしまうのか、目を離すとすぐイタズラしてることも。

放鳥中は絶対に愛鳥から、目を離してはいけません。

特に台所は、煙や、火を使う場所。

絶対に入れないようにしましょう。

(特に今はオープンキッチンが普及し事故も多いのだそうです。)

大切な愛鳥の命を救うのは、飼い主であるあなただけです。

しっかり注意してあげてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする