危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ

実はインコや小鳥は、与えてはいけない食べ物がとても多い生き物です。
危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ
小さな体ですから、ネギの汁ほんの数滴、チョコレートやアボカドひとかけらでも致死量になることが多々あります。

欲しそうにしていたからと、ついついあげてしまったほんの少しの食べ物が、愛鳥を危険に晒すこともあります。

今回は、種類を問わず、鳥さんが絶対食べてはいけない、有害な食べ物をまとめてみました。

スポンサーリンク

インコに絶対与えてはいけないもの

危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ
基本的に人間の食べ物は絶対にあげてはいけません。

人の味覚にあった味付けがされていたり(インコにとって人の味付けは濃過ぎます)、食べたものそのものが、最悪死に至るものもあります。

人が普通に食べる「塩味」は、インコにとってはスプーン山盛りの塩を口にするような濃度といわれています。

身近にある、人にとってはなんでもない食べ物がインコにとっては猛毒になるものが実はかなり多いのです。

インコにとって何が危険な食べ物なのかを見直してみてください。

インコの副食になる「野菜・果物」も与えてよいもの、悪いものがあります。
check!インコが食べてもいい野菜/果物と与え方,あげてはいけない野菜/果物

チョコレート類(ココア、カカオ)

インコが食べてはいけない危険な食べ物
カフェインなどが猛毒です。

ほんの少しの症状でふらつきなどの中毒症状が現れます。

チョコレートは多くの人が好んで食べる嗜好品で「愛鳥と一緒に食べ物を共有する幸せ」の延長でつい与えてしまうことが多い食べ物です。

絶対に与えてはいけません。

コーヒー類

危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ
カフェインやタンニンが猛毒です。

テーブルにおいていたアイスコーヒーや、インテリアとして飾っていたコーヒー豆を放鳥中のインコが口に入れ、中毒症状を起こした実例が報告されています。

アルコール類

危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ
揮発性のアルコールを知らずに吸引→歩行困難などの急性症状が出てしまうケースもあります。

SNSなどで、面白がってインコやペットに飲酒させる人が稀にいますが、動物虐待と認識されることがあります。

絶対に与えてはいけません。

直接飲ませた(飲んだ)ケースより、揮発したアルコールでの中毒例が多く報告されています。

インコの近くでお酒類を飲まないようにしましょう。

スナック菓子/麺類/ごはんつぶ/パン類

危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ

塩分、糖分が鳥にとって多すぎます。

また、類や御飯は、粘性が高く、カビになりやすいため、そのう炎の原因になります。

昔はスズメなどの野鳥にごはんつぶを与える人がいましたが、これは今では誤った認識とされています。

そのう炎とは、首にある食べ物を一時的にためる器官「そのう」が雑菌の繁殖や餌の滞留により炎症を起こすことです。治療方法は原因となった細菌により異なります。
重症化すると落鳥することもある恐ろしい病気です。

ねぎ/ニラ/にんにく類

危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ
刺激が強く、中毒症状を引き起こします。

特にネギは成分が空気中を舞いやすいです(目がしみてしまうあれです)。

直接口にしなくても、空気中から摂取してしまうことがあるため、ネギ類の調理中は絶対にインコを近づけないようにしましょう。

じゃがいもの芽

ソラニンという有害物質を含みます。

これは人にとっても有害です。

アボカド

危険!インコが食べてはいけない危険な食べ物まとめ
ペルシンという毒素が含まれ、鳥には猛毒です。

今ではスーパーでも売られるようになり、外食では回転寿司などの変り種などで見かけるようになりました。

アボカドを外で食べてきた場合は、手洗い、歯磨き、うがいをしっかりしてから愛鳥と接してください。

ひとかけらで大型オウムの致死量に達します。
スポンサーリンク

与えることに賛否がある食べ物

鳥さんの体調や体質によっては、控えたほうが良いと言われている食べ物です。

※普段あげているフードも、たまにで良いのでチェックしましょう。
愛鳥の口に入るものです。虫がついていないか、埃のような粉が多くないか(古くなった餌によくみられます)を確認しましょう。
check!インコの餌に金属片/鉱物の異物混入。冷静な対応をしましょう。

小松菜/青梗菜

健康な小鳥には与えても問題はありませんが、呼吸器が弱い小鳥には、専門医に相談の上、与えるのが望ましいと言われています。

グレープフルーツ

投薬中の病鳥にはNGという専門医もいるほか、健康な鳥に対しても、与える事自体がNGという見解もあります。

賛否両論ありますので、与えないほうが無難でしょう。

インコに絶対与えてはいけないものまとめ

  • ネギ類、チョコレート、アボカドなどは猛毒です。
  • 小松菜などは呼吸器が弱いインコには注意が必要です。
  • インコ専用の餌やペレットのほか、影響のない野菜、果物を与えるようにしましょう。
  • 心配な場合は与える前に専門医に相談しましょう。

鳥は人間より小さい生き物で、ほんの少しの摂取でも全身症状になってあらわれます。

食べ物で愛鳥が命を落とすという悲しい事にならないためにも、食べたらいけないものはしっかり飼い主さんが把握しておかなければいけません。

特に放鳥中に飼い主の目を盗んで口にしてしまった事故が多く報告されています。

放鳥前に、放鳥スペースの食べ物はしまっておくと安全です。

また、与えても良いか心配な食べ物がある場合は、与える前に専門医に相談するようにしましょう。

コメント

  1. 宮崎よしみ より:

    オカメインコに生のトマトを与えてしまったのですが、大丈夫でしょうか。。

    • コンパニ より:

      宮崎よしみさん>
      与えた量にもよりますが、
      基本的に大丈夫です。あまり多いと水分の関係で、
      下痢になったりします。

      未完熟と、茎、
      ヘタは与えないほうがよいです。

  2. 藤井彩香 より:

    喋れるようにするにはどうしたら良いのでしょうか。
    毎日話しかけていますが、話しません。
    話せるようになったら、もっと私たちとの距離が縮まると思うのですが….

    • コンパニ より:

      藤井彩香さん>種類が書いていないのでわかりませんが、
      しゃべりやすいといわれるインコでも、
      なかなかしゃべらない子もいます。

      毎日話しかけている期間にもよりますが、
      半年~近くでやっとしゃべる子もいます。

      気長に続けてみてください。

  3. ニルル より:

    インコをかい始めたばかりなので参考になります。

    アボカドは家族が好きなので盲点でした。ぜったいあげないようにします。

  4. リミルフレイ より:

    小松菜も場合によっては気をつけないと行けないとは聞いたことがあります
    参考にします